日別アーカイブ: 2019年11月1日

images (1)

The Knowledge is 5th element of HIPHOP.

こんにちは、セイジです。
主にFRESH DANCE STUDIOの広報担当としてインタビュー記事の執筆、ワークショップの告知、そしてイベントやアーティストの紹介をさせていただいています。
いつもこのブログやHPの記事をチェックしてくださっているみなさん、ありがとうございます!

しかし、かくいう僕もまだまだ勉強中の身であり、日々HIPHOPにまつわる情報やインタビュー記事などをチェックしているわけですが、今日は

僕が日常的に利用しているメディアをご紹介しようと思います。

「今、HIPHOPシーンでは何が話題になっているのか」と、ホットな情報をキャッチしたり
皆さんにとって、お気に入りのアーティストの格言を探したりするのに役立てば幸いです。


 

[最新のトピックを だーっとチェックしたい時]

◆HYPEBEAST

https://hypebeast.com/jp/music

◆FNMNL

https://fnmnl.tv/

アーティストの動向や作品についての情報が溢れかえる現在のHIPHOPシーン。その中でも特に重要と思われるトピックを、かなりクイックにお知らせしてくれるのがHYPEBEASTFNMNLでしょう。FNMNLでは、海外アーティストのライブ情報やインタビュー/対談記事もアップされるので、自分もかなりマメにチェックしています。最近、面白かったインタビューはこちら。↓

My Classics Vol.6|MASS-HOLE

https://fnmnl.tv/2019/10/23/82613

長野県松本市をホームとして活動されているDJ/MC/ビートメイカーのMASS-HOLEさんに、ジャンル問わず「自分にとってのクラシック」を聞くというインタビューです。取材のロケ地が、かつて自分も住んでいた街の有名なラーメンのチェーン店(長野でテンホウ知らない奴はいない!!)だったり、友人のカメラマンも撮影に携わっていたりと、最近読んだ記事のなかで一番ぶち上がりました。


 

[筆者の考察を含んだ記事をじっくりチェックしたい時]

◆Playertuner

https://playatuner.com/

◆Real Sound (Written by 渡辺志保)

https://realsound.jp/tag/%e6%b8%a1%e8%be%ba%e5%bf%97%e4%bf%9d

◆udiscovermusic.com

https://www.udiscovermusic.jp/genre/hip-hop

Playertunerはラッパー/スケーターでもあるKaz Skellingtonさんによって運営されているサイトで、HIPHOPのクリエイティブな面にスポットを当てた前向きな記事が多く、読んでいて勇気をもらうことが多いです。海外在住の経験もあり、USのHIPHOPに関してもかなりリアルな体験をされてきた方ですね。

Real SoundはHIPHOP以外のジャンルも扱っていて、それこそ情報が洪水状態なのでここでは、僕が尊敬するライター、渡辺志保さんの記事一覧を紹介しています。渡辺さんは、海外に留学していた経験を活かし、現在は翻訳やインタビューなどを通してHIPHOPにまつわる情報をわかりやすく提供されている方です。DJ YANATAKEさんがディレクターを務めるHIPHOP専門ラジオ番組「INSIDE OUT」でもパーソナリティをつとめられています。


 

[活字に抵抗がある方は…]

◆HIPHOP DNA PANEL

https://www.youtube.com/channel/UCDCN-aOOkLrDVUKp8lnPiQQ

◆Black File

https://www.youtube.com/user/blackfilesstv/videos

文章を長時間読むのに抵抗があるという方にオススメ。インタビュー 映像などもたっぷり載せているYoutubeのチャンネルです。

「HIPHOP DNA PANEL」は、先ほどもご紹介した渡辺志保さんがインタビュアーを務められています。かなり幅広いアーティストが登場するので、「こんな考えもあるのか!」と勉強になります。最近で一番食らったインタビューはフォトグラファー、CHERRY CHILL WILLさんの回ですね。前半/後半ともに見応え十分なのでぜひ!

【cherry chill will.】 ”生き様を撮りたくなるアーティストは”(前半)

【cherry chill will. 】 ”あのジャケット写真の裏話”(後半)


 

以上、ネットメディアの紹介でした。

しかし、こういった記事やインタビュー映像に目を通すだけでなく、HIPHOPの作品について深く考えたり誰かと意見交換したりも大事ではないかと考え、こんな催しを企画してみました!

” HIPHOP CULTURE WS “

「街やクラブで流れるUSのHIPHOPのうち、自分が曲の意味やアーティストの意図がわかるものはどれくらいあるだろう?」と考えた時に、恥ずかしながら極めて少ないことに気づきました。特にダンサーにとって、何について歌っているのかわからない曲で踊ることは時にめちゃめちゃ恥ずかしいことに繋がるのではないかと思うわけです。
(リズムやメロディラインや、音の迫力のようなものを楽しむことができるのも、もちろんブラックミュージックの魅力の一つなのですが…)
それから自分は個人的に、海外のラッパーのライブ映像などでお客さんが一体となって大合唱している絵をみて「かっけえええ!」となる一方で、なんとなく知ってる曲なのに(勉強不足なばかりに)口ずさめない歯がゆさもあったりします。

Kendrick Lamar – Live At Reading And Leeds Festival 2018

日本人がUSのHIPHOPについて理解しにくいのは英語力も大きく関係しているでしょうし、相当英語が上達した人でない限り、理解の度合いに限界があるかもしれません。が、「HIPHOPカルチャーをたしなむ者」としてもう少し教養を身につけることは必要だろう…と考えました。そこで、京都の立命館大学の大学院でHIPHOP(厳密には黒人文化)の研究をされている吉田 暁音さんにアメ村へお越しいただき、ご教示いただきます。

楽曲やPVを鑑賞したあと、歌詞の解説や背景知識のシェアによってアーティストが言わんとしていることや、彼ら(あるいはアメリカ全体)のバックグラウンドに迫るというものです。「なんとなくの知識で終わりたくない!!」という方は是非一緒に学びましょう!バンバータも唱えたように、

知識はHIPHOPの5つ目のエレメント!

というわけで、興味のある方は是非僕のInstagramアカウントまでDMをお願いします↓

https://www.instagram.com/horisage/

※このWSは、FRESH DANCE STUDIO主催ではなく、スタッフである僕の個人的な企画です。スタジオへお問い合わせいただいても対応しかねますのでご注意ください。もちろん会場もFRESHではありません(めっちゃ近いけど)。


 

HIPHOP CULTURE WS

11-16-草ノ根CULTURE WS告知画像

◉講師 : AKANE YOSHIDA
◉Date : 2019/11/16(SAT)
◉Place : 大阪アメ村GR CAFE TERRACE
 (大阪市中央区西心斎橋2-13-13 ショウザンビルB-1)
◉Time : 19:00-21:00
◉Price : ¥1,500-(1D付)
◉予約:akaneysd.1123@gmail.com 宛に件名を「11/16カルチャーWS」とし、①氏名 ②連絡先を明記してください。

< AKANE YOSHIDAプロフィール>

IMG_6534
アイドルミュージックやPOPS、ROCKなど、多岐にわたるジャンルの音楽を熱心に聴く思春期を経てHIPHOPに出会う。ダンサーとして活動するなかで、XXX-LARGEのMETH氏と出会いHIPHOPの歴史やその本質について考えるように。現在は京都、立命館大学院の英語圏文化専修コースにて黒人文化を中心とした研究を行ないながら関西各地のパーティに足を伸ばしている。ストリートダンスのスポーティな側面だけではなくHIPHOP自体の奥深さに触れて、「好き」だと言えるポイントを増やして欲しいという願いから地元札幌にて、ダンサー向けのカルチャーWSを定期的に実施。ただ講義形式で知識を詰め込むのではなく、ディスカッションを織り交ぜながら進めるスタイルに定評があり、日常とHIPHOPがつながるような工夫を用いることでも知られる。