カテゴリー別アーカイブ: イベント

神戸の夜が完全復活!! HIDE-OUT vol.13 レポ。

2022年のゴールデンウィークいかがお過ごしだっただろうか? コロナ禍をようやく脱しつつある5月、何年かぶりに羽を伸ばせる大型連休。普段会社勤めの方は、大いに楽しんだのではないだろうか(最大10連休の方もいたと聞いた)。一方で「連休中こそ仕事が忙しい!」という方もいたかと思う。

僕はどちらかというと後者だ。基本的に事務所にこもって作業をしたり打ち合わせをする時間が多かったような気がする。そんななかでも唯一、ガッツリ遊びに行けたパーティが神戸[VARIT]で開催されたHIDE-OUTだ。

20代の頃から神戸のHIPHOPシーンを広げるべく動きまくって、結果も残してきたATSUKIさんとtomoyoさんによる、気持ちがこもったパーティ。出演者が発表された時から「行くっきゃない!」となっていた。


個人的にはめっちゃ久々にアメ村以外の街でのパーティ(というかパーティ自体久々!)。

FRESHが企画・運営しているイベントでは、基本的にいつも裏方に回っているので、自分がお客側として手放しで遊べるのは嬉しい…。今日は久々にパーティの様子を少しだけ書き記してみようと思う。


この日(金曜)はFRESHの受付業務を終えて大阪難波駅へダッシュ!終電に飛び乗っていざ神戸。阪急神戸三宮駅から5分ほど歩いて、無事会場の[VARIT]に着地。

地下への階段を降りたところにあるキャッシャーを抜けてドアを開ける。バーカンのフロアと、そこから階段を降りたところにあるダンスフロアの2階層に分かれている。会場に着いたら、みんなまずはバーカンでお酒をゲトってダンスフロアに降りていく流れ。久々に会う人もいて話が弾む。今日はゲストもゲストなので、神戸以外の街からはるばる遊びに来た人も多い!

鉄の階段を降りてダンスフロアへ。DJブースではQUESTAさんがスピン。このあと始まるダンスショーのエナジーを予感させるような、ハードなHIPHOPがかかる。その音に引き寄せられるように徐々にダンスフロアに人が増えていく。そしてショーケースの時間。GUEST HOST MCであるTATSUYAさんの咆哮が轟く。

「ホストMC」という肩書きでゲストとしてイベントに呼ばれる人が、日本のストリートダンスの世界にどれだけいるだろう!最近「マシーン原田の部屋」にて、MCを始めたきっかけや信条について話されていたのを見たばかりだったので、興奮もひとしおだ。(OLD SCHOOL NIGHTのMCも本当にお疲れ様でした!!)

イベントの軸【MC】の仕事【マシーン原田の部屋】 #41


そんな名MC、TATSUYAさんのコールによって1発目に登場したのは、TAA&ATSUKI。ど頭から気合いバチバチ!体の効きが尋常じゃない!がっつりランニングマンも踏むし、トラップでバウンスもするし、表現が自由自在だ。一つのスタイルに偏りすぎず、幅広い音楽のなかでフレイバーも絶妙に変えてくる二人のショーはあっという間だった。(個人的にラストのソロ回しで使っていたインストのビートが特にエグすぎた…)


続いてSAFON。昨年4月に開催したFRESHの発表会「City Attack零」でも踊ってくださったMAHINAさんとtomoyoさんが登場。

 

落ち着いた音でゆったり登場…かと思えば、ラップの細かい音を全部拾うくらいの勢いのtomoyoさんによるワンムーブや、MAHINAさんのどこまでもスムースで、余裕すら感じるソロなど、波のような緩急で見どころ満載。昨年末に二人が開催したバトル&パーティイベント「MELLOWAVE」の今後の動向も気になるところ。


続いてMIO×REIKOが登場。

関西を代表するQUEEN of QUEENは、出てくるだけで男性からも女性からも大歓声。オーラ全開のお二人は、ルーティンをやっていてもソロを踊っていても、吸い込まれそうになるような凄みがある。衣装も踊り方も、どちらか一方の雰囲気に寄せるというよりも、お互いにそれぞれのスタイルを貫いている感じがするけど、それでも二人が並んで立った時のオーラの発し方には鳥肌が立つ…。(個人的に、MIOさんREIKOさんのショーは風が吹いているような錯覚に陥る)


さらに登場。LOW FAT MILK.T-PAC

神戸のシーンを築いてきたOGが颯爽と登場。(恥ずかしながら初めて)LOW FAT MILK.T-PACのショーを生で目の当たりにしたけど、凄まじい…。映像では到底伝わらない生だけの迫力がある。ロック、クラップ、ポイント。一つ一つのシルエットがカッコ良すぎる。そしてシンプルにスタミナがすごい…!「ここからさらにソロに行くのか…!」と、限界突破しまくりの攻めの姿勢にぶち上がった。(神戸の大先輩がここまでフルアウトして踊る姿を見せてくれるのも、ATSUKIさんtomoyoさんのパーティならではなのかも…!)


そして大トリはもちろんこのクルー。HEX BEX+sucreamgoodman

問答無用の迫力とシンプルを突き詰めたスキル。惜しくも多くの人が生で見ることが叶わなかったOSAKA DANCE DELIGHTでの優勝作品。3分にダンス人生の全てをかけた踊り。さらにそこから1人1曲のソロで仕上げにかかる。実は今回初披露となった「一人一曲のソロ」には、いろんな作戦が企てられているみたいだけど、おそらく違う媒体で色々と明かされていくと思うので今は伏せておく。(でも早く誰かと話したくてウズウズしている)


ショーが終わったあと、フロアは少し放心状態に。たしかにこれだけのショーが続けば情報過多にもなる!オーディエンスの脳味噌が情報処理に悪戦苦闘しているうちに、GREENWORKSさんのDJが始まる(ここも恥ずかしながら初めましてだった)。心地いいラインを自在に行ったり来たり。そのなかでもレコードでかける和モノが絶妙なスパイスだった。

続いてDJ Naoki Matsumotoさん。そのまま四つ打ちやブレイクビーツなど、ダンスミュージックが続く。フロアはダンサーによるサークルが自然発生。街や世代を超えて踊り合う感じ、いいな!


good musicによって、バーカンのわや具合も加速。個人的にパーティスナップを撮ってみた。


朝5時。会場から出ると外はもう明るい。太陽に顔をしかめる感じも懐かしくて良い。


コロナ禍で延期をやむなくされ、久々の深夜開催だったHIDE-OUT。出演者の気合いや、お客さんの解放感もひしひし感じた夜。大阪から程よく離れた街に遊びに行く楽しさも思い出した夜。

主催のATSUKIさんtomoyoさんにリスペクトと感謝の気持ちを表してイベントレポを閉じる。

Seiji Horiguchi

細部までこだわった「ちょうど良い」パーティ。TIMELESS vol.4レポ

2020年。コロナの影響でパーティやコンテスト、そしてダンスバトルが続々となくなり、若いダンサーの表現の場がなくなってしまうという危機感からスタートしたパーティ、TIMELESS。緊急事態宣言の繰り返しによって、やむを得ず延期になってしまったこともあったけど、現場の入場制限を行ったり、オンライン配信を軸にしたりすることでなんとか継続してこれた。

イベントをやり始めた動機は「やらねば!!!」だったけど、「どうせやるならイベントとして細部まで充実させたい」という気持ちもあって、第一回目から濃厚なキャストが揃った。その甲斐もあって、遠方から遊びに来てくれる人がいたり、「このイベントに出たい」と言ってくれる人が現れたりと、運営側にとってはこれ以上ない反応が返ってくるようにもなった。

今回は若手から御所まで全17チームと、3人のDJに出演してもらった。写真もたっぷり載せながら当日の様子を振り返ろうと思う。


「当日の様子」と言ったが、まずはこのフライヤーから触れさせて欲しい。

一発で目を引くフライヤーのデザインは、大阪市の我孫子(あびこ)在住のコラージュアーティスト、AIMIちゃん。TIMELESS第一回目からずっと依頼させてもらっていて、過去にはイベントのCMも作ってもらったことも。

告知の時にも書いたけど、AIMIちゃんのポップでサイケな世界観はたまらない。爽やかなカラーリングと意外な取り合わせのコラージュ。そしてそこにちょっぴり不安な気持ちにさせるようなモチーフもスパイスとして加えるAIMIちゃんのデザインは、他にはない。そういえば以前、「コラージュのアイデアはどこから来るの?」と聞いたら「自分が見た夢をかなりの確率で覚えていて、それを形にすることもある」んだとか。今回のTIMELESSは3月の開催ということで「春っぽい感じ」というイベント側からの注文に対し、このようなデザインで仕上げてくれた。個人的にパーティのフライヤーっぽくないところが気に入ってる。フライヤーフライヤーしてないというかね。


話を「当日の様子」に戻そう。


この日のフードブースは、今回初参戦、日々ヘッズの腹を満たし、さらにイベント出店も行うなどストリートシーンに寄り添う南堀江のオアシス[That’s Pizza]。この日「pizza city」としてショーにも出てくれたグウェンは、[That’s Pizza南堀江]の店長 。

会場に入ると、高く積まれたピザの箱の山が目に飛び込んでくる。グウェンと、同じくショーに出てくれるISSA君が朝からお店で大量のピザを仕込んで持ってきてくれた。パーティでマルゲリータをまるっと1枚食べられる贅沢感…。イベントオープン直後から早速オーダーしてる人もちらほらいたぞ。余談だけど、僕がThat’sでいつも頼むメニューは、ホワイトソースベースの生地に、ソーセージとポテトがどっさり乗ったわんぱくな一枚「ソーセージ&フレンチフライ」(¥1,100-)だ。コーラとキメるのがオススメ。

フードブースの隣には、BETWEEN MUSIC STORE(以下BMS)による物販ブースが待ち構えている。この日スペシャルゲストDJとしても参加してくれたDYさんがセッティングして、ブースにも立ってくれた。

イベントのブースにもきちんとレコード、アパレル、VHS、ボールペンなどなど、BMSならではのアイテムを持ってきてくれるあたりにも、DYさんの丁寧さを感じる。それから、何年か前にデータで広まり、今年満を持してフィジカルリリースしたMIX『SOON AS I GET HOME』はオンラインストアやレコード屋では購入不可のレアアイテム。希少価値の高いMIXがゲトれるのも現場の物販ならではの楽しさだ。DYさんがDJをしている間は、敏腕スタッフが店番をしてくれていたぞ。

オープンDJはDJ Rie。この日唯一のレコードでのDJ。気合いを入れてレコードを選んできてくれたらしく、予定よりも少し遅れての到着。ダンサーでもある彼女は、DJとして活動し始めてまだ日が浅いルーキーだけど、好みがはっきりしていて気持ちいい。のんびりしたRieちゃんの話し方からは少し意外な、ハードサウンドがフロアに響く。

南堀江[Isandla Records]でのDJ配信もアーカイブ視聴可能なので、時間がある人は覗いてみて。


いよいよ1部ダンスショーが始まる。全11チームが続々と登場。

1部SHOWCASE

1, MoVe
2, Bug Funk
3, THREE
4, Jiggy flavor
5, PARVATI
6, pizza city
7, Rod
8, lollipop
9, Sugahstone
10, BullDogs
11, クノイチ

ちょうど1週間前に開催された「Osaka Dance Delight」にも挑戦していたチームが多数出演してくれた(11チーム中5チーム!)。ディライト明けにもかかわらず、(いや、ディライト明けだからこそというべきか…?) どことなく鼻息が荒いダンサーが多かった気がする。そういった若いダンサーによる「ぶちかます!!!」というエネルギーがバシバシ伝わってきた。彼らが良い意味で緊張感を高めてくれたこともあって、1部のショーは本当に見応えがあった。彼らに声をかけて正解だった!

ただ本当に残念ながら、直前の怪我とか体調不良によって急遽参加できなくなったチームもいた。せっかくショーに向けて準備してくれたのに…。でも僕ら運営側も、良いチームだと思ってブッキングさせてもらっているので、次回以降必ずリトライしてもらいたい。


1部のショーが終わればDJ JAMによるDJタイム。

この日、彼が所属するTha Jointzのメンバーも多数駆けつけてくれたぞ。同グループの曲もしっかりプレイ。 「シェッケシェケバーディー」「ザッツザジョイン!!」などジョインツ節が炸裂した骨太なサンプリングHIPHOPで、初見の人も思わずバウンス!!


続いて2部
1, Kawaha-lo+Sage
2, ZEST
3, BASIC Inc+Nevnow

自分はこの2部の頭で出させてもらった。2020年1月にショーをしてから実に2年2ヶ月ぶりのショーケース。スタジオの運営やライター業に追われて、踊ることから少し遠ざかっていた時期もあったので、ショー作りに入るときは正直不安もあった。ただ自分のスタイルを表現するツールとして、ダンスは本当に大事だと改めて思ったし、瞬間的に集中したり緊張したりすることの尊さも再確認した。30歳にもなると、生活の中で緊張する経験が本当に少なくなる。個人的に取り組んでいるライター業の方は(これを書いている今もまさにそうだけど)1人でPCに向かう時間が圧倒的に多い。もちろん緊張感のある案件もあったりするけど、ダンスショーの緊張感はやっぱり他では味わえないものがある。あとやっぱりめっちゃ楽しい。


音源トラブルで生まれた気まずい間も、MC KORGEさんのベシャリと「ターン50周チャレンジ」で、さらっと回避。

「50周チャレンジとはなんぞ?」と、気になる人はこちら↓


2部のショーは自分たちのチームを含めHIPHOPが続いた。ZESTも、BASIC Inc.+Nevnowも、コロナ前からイベントでもよく一緒になるチームだったから嬉しかった。みんなかましてたぜ。


SPECIAL GUEST SHOW
1, soil
2, SS
3, ATSUKI+KOSSY

コンテスト、バトルでも結果を残してきた全国レベルのダンサーたち!もはや説明不要。問答無用のスキルや気迫でショーを締めくくってくれた。


そしてラストのDJタイムはDJ DYDYさんのクローズの気持ち良さは、過去のVillage CampやCity Attackでも何度も実証済み。この日もこれ以上ないグルーヴのうねりで踊らせてくれた。途中、(泥酔一歩手前の)DJ JAMも参戦して、2人によるBack to Backになる場面も。これは予期せぬ展開!この時間が一番のハイライトかもしれない。最後は、惜しまれながらも音止め。大盛況のTIMELESS vol.4は、幕を下ろした。


 

ここからはパーティスナップをどうぞ。

大規模すぎると疲れてしまう。チープすぎても惹かれない。TIMELESSは馴染みやすくちょうど良い規模のパーティなんだと思う。二十歳前後の若いダンサーからベテランの大先輩まで、幅広い世代の人がリラックスして楽しんでくれているのは嬉しかった。(テキーラをいきすぎて早々に帰宅し、翌朝ベッドとカーテンが反吐まみれで絶望した後輩ちゃんもいたみたいだけど、それもTIMELESSらしさかも)

改めて出演してくれたキャストや、告知で力を貸してくれた方々、そして会場のSocore Factoryのスタッフ様にお礼を申し上げて、TIMELESSレポを閉じる。

また次回、お会いしましょう。

Seiji Horiguchi

海辺の越境パーティ「みんなのうた」で夏を閉じた話。

9/12のみんなのうた。FRESHが主催するイベントでは初となる野外での開催。無事に怪我や病気もなく終えることができました!本日はそのレポートを。


今年は毎夏の恒例イベント「Village Camp」が開催できなかったこともあり「夏の思い出を作る場所が欲しいなあ」という話から企画がスタート。

「密を避ける」×「ワクワクする場所」からはじき出された答えが…野外イベントでした。

会場の案に出たのは、自分も遊びに行ったことがあった和歌山のBagus。海と山に挟まれた絶好のロケーション。どれだけ絶好ロケーションなのかは(前にも紹介したけど)FRESHスタッフのanna a.k.a PINK MONSTERの書いてくれたブログを参照くださいませ。

ハダシ デ オドル アソビバッ 🌻


当日、スタッフはFRESHに集合。事前に用意していた冷やしパインやスピーカー、テントなどを車に積み込みデッパツ進行。僕は体質的にお酒が飲めないので必然的にドライバー。わざわざこのパーティの為に地方から遊びに来てくれた友達も乗せてレゴ。

およそ2時間弱のドライブを経て12:00にBagus着。つい3日前までは晴れ予想だったのに、しとしと小雨。ピーカンでの開催は叶わなかったか…。

階段を降りていくと、少しずつ波の音が近くなる。この”プライベートビーチ感”がBagusの好きなところ。久々に聴く波の音。久々に吸い込む森の匂い。これだけでも十分あざすやな。

諸々の準備や機材チェックを終えていよいよオープン。


早い時間から駆けつけてくれた方も多かったのが印象的でした。遠いところ来てくれて嬉しい…。

曇天でもおかまいなしに服を脱いで海に飛び込んでいくメンズ達。冷やしパインをかじりながらベンチに座ってくつろぐギャル。ゆったり音楽に乗りながらビールをあおる兄さん姉さん方。海沿いを歩いて、遠くの岩場まで探検に行く男女。楽しみ方、過ごし方は人それぞれなのも良い…。何もせずぼーっとするのもアリ。
前半戦でスピンしてくださったDJ YUNGEASY → DJ DY → DJ SOOMA → DJ QUESTAが、とにかく最高の流れだった!浜辺で聴く彼らのDJは、アメ村のクラブで聴くのとはまた違った良さがありました。(夕方にしとしと降っていた雨も夕方にはやみ、「よかったー」と胸をなでおろす)

早い時間から来てくれたみんな、ありがとなあああ。

 


GUEST LIVEに登場するは、REP北摂、優しく力強いメロディラインと、琴線に触れるパンチラインで人気を博すJambo Lacquerさん。よく考えたら2020年2月のHONGOU×Jambo Lacquerの対談(SOWL VILLAGE企画)の時ぶりっす。お久しぶりっす。

http://sowlvillage.com/sowl-village2020-interview-west/

言葉が沁みる。音が沁みる。山と海に響く歌。

ライブにぶち上がりすぎてセットリストははっきり覚えていないんですが、以下の曲をはじめ、EVISBEATSさんプロデュースの『Rhythm』など、優しく包み込んでくれる”Jambo Lacquer節”を披露してくれました。この人を呼べてよかったと改めて思いました…。

 

ラストの曲の間奏ではウルフルズ『とにかく笑えれば』をサンプリング。この人が歌うとまた違った良さがある…。あっという間の30分でした。


まだまだパーティは続く。


ライブが終わってバーカンに行こうかなと歩き始めたオーディエンスを制するようにTAA&Yacheemiがゆらりと登場。この日の前日、“越境RAW GROOVE”というテーマで2時間のワークショップを行ってくれたTAAさんYacheemiさん。

それぞれ普段の活動範囲だったり、踊るジャンルは違うけど、二人で並んだ時のおさまり(?)が絶妙に良いのが不思議だったなあ(意外と背丈も同じくらいだった)。関東と関西のイベントを行き来するうちにいつの間にかフィールして仲良くなったとおっしゃっていました。

ショーの方は、bpm80くらいのゆったりしたローテンションの曲から、急に倍速の曲に展開していくなど、既存の枠を破壊して新たな形を生み出す姿勢がめちゃくちゃかっこよかったです。ジャンルの壁、地域の壁をゆうゆうと取っ払ってヴァイブス満タンのショーをお届け。まさに越境。”スニーカーon砂浜”という斬新な環境だったけど、おかまいなしにぶちかましてくれた!

(「越境」という言葉は間違いなく今回の合言葉になったと思う)


からのショーの仕上げはダンスセッション!(もちろん引き続き砂浜でだ)

DJ DYさんがかける曲に合わせて次々とダンサーが参戦。豪華かつハイテンションなセッションはがっつり20分。砂を撒き散らしながら本能のままに踊り狂ってくれました。


間違いなくクラブでは見ることができないセッションでした…。ヴァイブスが溢れて机が壊れるというハプニングも、ご愛嬌…。


このあたりで日も落ちきって「みんなのうた」は後半戦へ。スタジオから持ち込んでいた照明が夜の浜辺を幻想的に照らすなか、DJタイムが続きます。

DJ SOOMA

DJ YUNGEASY

DJ Yacheemi

この並びはそう見られる(聴ける)ものではない。まだまだ止まらない越境。どこからともなく手持ち花火も出てきて、いよいよ夏の締めくくり。

そして最後はDJ DYの心地良い〆でCLOSE.


遊びに来てくれた人も出演者も、笑顔ばかりでホッとしました。スタッフが撮った写真や、来てくれた方による写真で当日のゆるさ、楽しさが少しでも伝わってくれれば幸いです。

 

「みんなのうた」は今後も開催したいなーとぼんやり思っています(いろんな状況や都合があるから分からないけど)。ですので、今回存分に楽しんでくれた方も、あいにくタイミングが合わず来れなかった方も次回の開催を、ぼんやり楽しみにしておいてくださいね。

以上をもってFRESHの夏を閉じます。

Seiji Horiguchi

大盛況に終わったTIMELESS vol.3 !!! レポ

 

8/1(sun)に開催したTIMELESS。
結成から間もないフレッシュなチームからシーン第一線のOGまでが登場しショーを披露するだけでなく、DJタイムやフードブースなど細かい部分にまでこだわった隅から隅まで楽しめるパーティを目指しています。

3回目である今回から、南堀江Socore Factoryに場所を移しての開催。結果から言うと…大盛況でした!!事前に「100名まで」と人数制限を行っていたのですが、イベント1週間前には予約が埋まってしまいました。 (定員が埋まってからご連絡いただいた皆さん、申し訳ありませんでした…)

現場でのイベントがなかなか厳しい状態が続いたため「久々の現場っす!」という出演者もいたりと、みんな気合いは十分。TIMELESSでは、もはやおなじみとなっているMC KORGEさん(僕は心の中で「MC鋼メンタル」と呼んでいる)の仕切りとともにショーはスタート。この日、どれだけダンサー達が気持ちをぶつけてくれたのか、気になる方も多いでしょう。早速1部のショーの写真からご覧ください!


THE DOGG


Fat$hots+BLUE


You TIME


the bubble roller


B.O.L


keijiro+MaaYa


tipcy


NODuHAZE


som low union (from富山)


もちろんオープンしてからの時間や、ショーとショーの間にはDJタイムもたっぷりあったのですが、そちらは後ほど紹介させていただきましょう。続いて2部のチーム……

の前に、スーパー激レアなシークレットゲストが登場!!

GONさん&よっちさんによる「わっしょいクルー」!

お客さんはもちろん、実は出演者にも秘密にした状態で、いきなり登場していただきました!先日のODDでも爪痕をがっちり残した二人。この日会場にいた方はラッキーでしたね!

もう登場からこのハンズアップ…!

彼らにしかできない沸かせ方で、最高のショーを披露してくれました。


シークレットゲストが終わったところで、元のプログラムに戻ります。わっしょいクルーの後、踊りにくいか… と思いきやトップバッターのAtを筆頭に、堂々のショーが続きます。POPPING / HIPHOP / GIRL’S HIPHOP 、と三者三様の濃厚な時間でした!!


At


ZEST


B△MDIVA+AZU


さらにさらにこの日の目玉、スペシャルゲストショーケース。関西を代表するこちらの3チームが登場!!

DEBOC


EXmatic.


CHEKE nagamune


ライブ感」というか、チームの世界観をただ放つだけでなく、オーディエンスを引き込んで巻き込んで一つのショーを作り上げるスペシャルゲストのショーは流石の一言!改めて「この方達をブッキングしてよかった!!」と思えるショーでした。特にラストのCHEKE nagamuneのショーはさながらROCK STAR!! オーディエンスとの密な距離感や掛け合いも込みでショーが完成していたような気がします。やっぱり生が一番だぜ!!!


さあお待たせしました。ここからはスナップタイム。もうここで多くは語るまい!! TIMELESSらしい最高の笑顔の連続でした。

フロアを良き空気感に持っていってくれたDJ ANCHIN、そしてゲストのDJ MO-RIさん、さらには我らがDJ YUNGEASY先生も急遽参戦!いつにも増して豪華でピースな時間が続き、パーティは最高な形で幕を閉じました。

 

 

 

 

 

 

フードブースの牛丼を頬張る人…。リラックスして静かに音に揺れる人…。派手にアルコールを浴びる人…。フロアでプチャヘンザしては貪欲に楽しむ人…、ひたすらにダンスについて語り合う人…。「楽しみ方は自由!!」が一番の特徴であるTIMELESSで、みんなが思い思いの過ごし方をしていました。改めてお越しいただいた皆さん、ありがとうございました!!

大阪はこの翌日から再び緊急事態宣言が出てしまったので、今後のTIMELESS開催については予定は立っていませんが、いつか必ずこの盛り上がりを超えるTIMELESSを開催したいと思います!! その日まで皆様、元気でお過ごしください!!

FRESH DANCE STUDIO STAFF 一同

最高空間「The Lights@NOON」レポ

僕が好きなパーティの一つに「The Lights」がある。

梅田のセレクトショップ「Lumps」やDJ MO-RIさんが仕掛け人。毎回のゲストはもちろん、レギュラーの出演者も十分豪華なパーティだ。それだけでなくこのパーティには大阪独特の温かみが宿っている。毎回 笑顔の人しかいない。

コロナ禍でも、Twitchでの配信に切り替えたり、MIXCLOUDにDJ陣のMIXをアップしたりと、とにかく「音を止めない」姿勢をキープしていた。ただ今回の開催は配信ではなく、現場で通常通り!という事でいつにも増して気合いの入ったブッキング!!

フライヤーもLANPさんの可愛いくて夏らしいデザイン。もうこの時点でGOOD PARTYほぼ確やん。しかも、その日は奇跡的に仕事が休みなので、だいぶ前から「絶対に遊びに行く」と決めていた。
(恐らくコロナの関係かもしれないが)10日前くらいまでタイムが確定しないという異例の事態でもあったが丸一日オフの僕にとってはdoesn’t matter。何時でも駆けつけるぜという気持ちだった。


いざ地下鉄に飛び乗り北上。なんか電車でパーティ行くのも久々でソワソワするなあ。それも平日の昼間に。

13:00オープンで、会場に着いた16:00頃には既にバーカン周りの大人たちは良い感じに。豊崎に新店がオープンしたThat’s PizzaがFOODに入っていて、フードブースの周辺は良い香り。(NOONの近所でつけ麺大盛りを食べてきてしまった事を少し後悔した)

ライブペイントをされていたLANPさんにビールをご馳走になる。「ライペはこれからですか?」と聞くと「もう1枚描き終わって、今2枚目っすね。早く遊びたいじゃないっすか!!笑」さすがっす!ライブペイントの作業スペースを振り返れば、LANPさんの作風の代名詞とも言える見事なグラデーションの作品が。いつ見ても見とれてしまうなあ。心の洗濯。

と思ってる間に、フロアが静かに。ライブの時間だ。


Äura
この人のライブの時間には何がなんでも間に合わせるぞ。と決めていた。バックDJは旦那のINGAさん。この二人の空気感をフロアから眺めて本当に最高の夫婦だなあといつも思う。

kzyboostさんプロデュースの『monologue』や、洋楽のカバー?と思われる曲も。Äuraさんの穏やかで芯のある歌声がフロアに響く。名村で聴くÄuraさんも最高だったけど、クラブで聴くのもグッと引き込まれる。あー泣いてまいそう。

数曲、知らない曲も歌われていたのでさては音源リリースが近いのか…?と自然に楽しみも増える。(噂によるとYotaroさんとも曲を作ってるとのこと…)

ラストは、もはや定番にして鉄板の『SKYWALKER COVER』

「ゆるやかな〜」で始まるアカペラの歌い出しを聞いて、4月のCity Attackの夕焼けがフラッシュバック。やべえいよいよ涙腺が…と思ったら、途中でÄuraさんストップ。あれ?と思ったらすぐに歌い出しからコマゲン。すかさずINGAさんも「どこで飛ばしてんねん」とツッコミ。なんだかそういう夫婦の掛け合いもほっこりするなあ。総じてほっこりライブだ。


その後はダンスショー。最近DJ SOOMAさんがローンチした「M-13Tシャツ」を着て颯爽と登場するのはFunkyP姉さん。

(良い写真を撮れなかったのが悔しいが)渾身の2曲使い。気合い十分!!PさんのPEACEなスマイルとバッチバチのハードヒットのギャップはいつ見ても食らう。この日はPさんの後輩かな?という若いPOPPERが多かったが、ダンサーもそうでない人も十二分に盛り上がっていた。


DJ MO-RI

ダンスショーの後はMO-RIさんのプレイ。日本語ラップ&インスト&クラシックのバランス感覚。これこれ。これが聴きたかった!自分にとってThe Lightsの色を決定づけるというか、MO-RIさんのDJスタイルがこのパーティの核になってる気がする。

…少し余談だが、ビートマニアの端くれである僕が、BandCampの海を泳ぎまくってたどり着いたヨーロッパのインストビートを、MO-RIさんが普通にレコードでかけているのを聴いた時は膝から崩れ落ちそうになった。さすがっす…。

フロアはダンサーが多かったし、ちらほら中学生くらいの子も。自分ら最高の夏休みやんけ!!


もう お一方のソロショーケース。創さんの登場!!こちらは212Tシャツでの登場。ただただ渋い。


OGの貫禄や間違いないスキルにも十分興奮するけど、何と言っても緩急がえげつない。大波が押し寄せたと思ったら少し引いて、次の大波…。ずっと渦の中に飲み込まれてる感覚。これがライブ感というやつか…。創さんも、普段話す時の穏やかさとスイッチが入った時のvibesのギャップには驚く。大阪、いや日本の宝!


バブルソ

レペゼンWARAJI。レペゼン北摂。チプルソ氏とKazBubble氏の名コンビ。


「16小節の旅」と称した鉄板の早口ラップや、腹に響くほどの音圧のビートボックス。さらに「STUDIO韻シスト」で生まれたクラシック『HOT COFFEE』のリミックスを披露。「これは現場でしか聴けないRemix!! Youtubeでは見れないぜ!!!」とパンチラインが炸裂。これには全員たまらずhands up!!  とにかくオーディエンスのぶち上げ方がうますぎる!!こういう一体になる感じ、忘れかけてたなあ。汗だくで叫ぶチプルソさんの後ろで、渋めにうなずいたり、おどけたりするKazBubbleさんの姿も愛らしい。


RITTO

ついに登場!大トリは沖縄からRITTO氏。やっけーよ!!!言葉や表情、仕草の一つ一つの圧力というかエナジーが凄まじい。それでいて「みんな置いてかないぜ」という安心感もある。もはや母性?

最初から最後まで、観ている方が自然とハンズアップしてしまうようなライブだった。(あのライブを棒立ちで見る方が難しいんじゃないか…) さながらパンクロックのようなパワフルさ。彼のライブは何度も見てきたが、今までよりもさらにアップデートされているというか、限界突破しているように感じた。「大阪来たらみんな何かと気にかけてくれるから嬉しいんすよ。また帰ってこれて最高です」と、大阪への愛も語るRITTO氏。おかえりなさい!

そしてこちらも「STUDIO韻シスト」で生まれた「それはいっとけ!! あれもいっとけ 」の掛け合いで有名な曲を、シークレットゲストのブギ丸さんと共に披露。

スタジオで即興で生まれた状態のまま『MOP-Ante Up』のインストでやるのも もはや鉄板。二人の力強さや声量とマッチしまくっているし、RITTOさんのダミ声とブギ丸さんの高音フロウが完全にLil’ FameとBilly Danzenieを彷彿とさせる…!サッカーのパス回しのような絶妙な掛け合いにフロアの熱気は最高潮に。

〆はもちろん「NINGEN State of Mind pt-II」この人の言葉を聞くだけで「なんか大丈夫かも」と思える。まさに「なんくるないさ」の精神。ありがたすぎる。


クローズDJは4号棟氏。

BPM180くらいのBASS’n’DRUMやJUKE?でプレイ(合ってるか自信はない)。「そうきたかー!!」という感じ!楽しい。隣で揺れるDJ JAMも「いやー4号棟さんやばいっすね!!」とニコニコ。そして飛行機が着陸するように次第にBPMが落ち着いてラストは今年リリースされて話題になっている『NO WOMAN NO CRY』の沖縄ver.でシメ。しっかり整いました。

 


最高なパーティは本当に一瞬。「ワンモア!!」の声も虚しく、音は止まる。Pさんの「みなさんありがとうございました〜」の声でお開き。ワンモア…。

バーカンの脇のソファーで明日のジョーみたいになってる人は…LANPさん?きっとライペを仕上げて張り切って遊びまくっていたのだろう。最高すぎる。(でも灰になってらしたので、挨拶はできなかった)

再び地下鉄に乗り、南下して帰路についたのだった。(爆音を聴いた後にサラリーマンに混じって電車で帰宅するのは変な感じだったが、これからはそういう終電までのパーティも多くなっていくんだろうな)


この1年近くクラブに行く事を我慢していた自分にとっては、いろんなことからの開放感も相まって音の聴こえ方まで違ったような気がする。この楽しさをどこかに残したい!と思ってパーティレポを書くに至った。

あの最高空間を作ってくれたThe Lightsクルーに感謝とリスペクトを。そしてこれからも音楽を止めてはいけないと再確認した。

Seiji Horiguchi

「まだあわてるような時間じゃない」

みなさんこんにちは。FRESHスタッフのセイジです。今日は久しぶりにのんびりと日常を綴った記事でも書こうかなと。

 

ここ最近は、夏を思わせる気候だと思っていたら急な雷雨に見舞われたり、朝晩が冷えると思えば昼はTシャツ一枚で過ごせたり。

いろんな季節が交差しているような感覚に陥る今年の春。

FRESH最大のイベントCity Attackも終わってほっと一息ついている間に5月に突入しました。みなさんいかがお過…

5月??

早えーよ、おい。花見もろくにしてねえよ。

「のんびりブログ」なんか書いてる場合かよ!この調子じゃ終わっちまうぞ2021年!!

バスケで言ったらもう第二Qも終わって折り返しじゃんかよ!!あー…こんな時、陵◯のあの人がいたらこう言ってくれただろうな。

 

…うん、そうだ。

まだ2021年はあと8ヶ月もあるんだ。アニメだったら2クール分はある…。少し落ち着いた。


あ、そういやもうGWじゃないっすか!やったー!

どこ遊び行こうかなー!イベントも無理のない範囲で遊び行きたいな〜

…と期待に胸を膨らませていたら…。

大阪は新型コロナウイルスの陽性者数が激増してしまったため3度目の緊急事態宣言。飲食店や大型の商業施設への自粛の要請が更に厳しくなり予定されていたイベントも続々延期・中止に。(結局「まん防」ってなんだったの?)

これには彼もたまらずこういうだろうな。


コロナ」と聞けばビールだけを連想していた一昨年までのGW。

かつてのGWはイベントが目白押しで、インスタをひらけば追いつけないほどパーティやバトルの情報があがっていましたが、今年はそうもいきません。

最近、パッと目にしたのはGONさんとDJ SOOMAさん主催の「BYWAY」とClub Triangle主催のオンライン配信イベントくらい。(他にもイベントの情報を見落としていたらごめんなさい!!)

[DJ SOOMA Instagram]
https://www.instagram.com/djsooma/

[Triangle Youtube Channel]
https://youtube.com/channel/UCejhUBULaRsOLnK4k0Pi50g

イベントの現場が次々と減っていくことでダンスのモチベーションをキープするのも難しくなってくるところです。

…が、発想を転換し、これを逆に好機と捉えて水面下でスキルを鍛え直すという方や好きな音楽と向き合って自由気ままに踊るという方も多いのでは?(幸い多くの音楽ジャンルでリリースラッシュが続いています。コロナ禍の数少ない喜びの一つ!)

しかもこの5月の陽気。外で踊るのも気持ちよくなってきます。

ちょうど良い気候ですよね!

練習終わりに飲むビールとかもね!

最高ですよね!(僕、お酒飲めないけど)


ちなみに、スタジオ練はスタジオ練で良いもんです。

スタジオシューズを脱いで裸足で踊る事で足の裏の感覚を確かめる…。

イヤホンやヘッドホンではなく、スピーカーから出る音でお気に入りの曲を存分に聴く…。

鏡に映る自分と向き合い、無心でベーシックを鍛え直す…。

僕はFRESHのスタジオで踊る時には特別な感覚や感情を感じています。スタッフとしてではなく1個人のダンサーとしてね。

しかもFRESHはスタジオごとに特色があって、それぞれの部屋の特色によって感覚も微妙に変わってくるのも面白いところ。

特大スピーカーのサウンドを楽しめるSTUDIO1

他のスタジオとは独立した場所にあるため、精神と時の部屋状態のSTUDIO3

唯一の鏡2面張りでしっかりシルエットを確認できるSTUDIO8

多種多様な部屋があります。


そしてこの5月からはこのFRESHの良さをお得に味わって欲しい!ということで…

こんなキャンペーン始まりました!!!(ようやく今日の本題に入れた)

「550円キャンペーン」

深夜(23:00~翌朝6:00)のレンタルに限り

どのスタジオでも
何時間使っても
一人 550円!!

例えば、一人でSTUDIO1に6時間こもっても550円!(通常時の83%offという計算になります)

完全に”お値段以上“なプラン。


ただ、最近では朝方の生活になり

深夜に練習するのはちょっと…

という方もいますよね?ご安心ください。

FRESHってそもそもレンタル代安めなんです。

気になる方は、こちらのページでレンタル料金をシミュレートできる機能もありますので調べてみてください!

https://freshdancestudio.com/rental/

大阪の数あるレンタルスタジオの中でも比較的料金がお得な方なんじゃないかと思います。全部調べたわけではなく、あくまで感覚ですが。


またFRESHを借りられる方は、練習以外にも個人のワークショップだったり小規模のイベントだったり、映像作品の撮影、またオンライン配信に使われる方もいらっしゃいます。用途はアイデアの数だけありますので、是非スタッフに問い合わせてくださいね!

各種 衛生対策もしながら、お待ちしています(風力が尋常じゃない扇風機も最近登場した)。

今日のブログまとめ
・じっくり自分の踊りと向き合う時こそスタジオへ!
・FRESHでは深夜帯にお得な550円キャンペーンを実施中。
スラダンの映画化まじ楽しみすぎる。

Seiji Horiguchi

【パーティレポ】10/24 BATHTUBっていう最高なパーティ

プチパーティレポを。
10/24(土) “BATHTUB” at. 北加賀屋Club Daphnia

北加賀屋のダフニアで開催の“BATHTUB”にレゴ。
前々からインスタで情報があがっていたので、
その時からチラチラ気になっていた。
なぜならメンツが面白そうだから。



北加賀屋自体、クリエイティブセンター(名村造船所跡地)に
遊びに行く時以外出向かない。
せっかくなので夕方から出かけてモリムラ@ミュージアムの展示を覗いたり
国道沿いの31アイスクリームで野球少年に癒されたり
街に点在するアートウォールをフラフラしたりなどしてから
満を持してClub Daphnia到着。

(場所がわからなくてタクシーで来ていたDJ JAMとちょうど入り口の前でチャス)

休日にアメ村のクラブで遊ぶのも良いけど、
たまには難波の喧騒から離れられるのもほっとできるよなぁ。

 

で、結論から言ってBATHTUB…最高だった

 

今年行ったパーティで一番楽しかったんじゃないか。
(このパーティレポを書いて誰かに伝えたいほど楽しかった)

 

まず、Club Daphniaがめっちゃ「ちょうどいい」場所。

 

音も、照明も、バーカンも、
フロアの広さも、トイレの清潔感も
フロアにハンモック吊ってあったりするあたりも
ばっちり快適な温度感。
こんなん欲してた。
初めて来たのに実家に帰ってきたみたいな、
自然と体を馴染ませられる感じ。

キャッシャーで「nahoikeda」と唱えて
エントランスフィーをペイして、
フロアに着地した時
(この日リンクしたKAKATOさんが回していたぞ)から
既に極楽浄土♨️

お腹が空いていたので、
まずはフードブースのアガリスパイスで腹ごしらえ。
辛みが苦手な自分でも
ムシャムシャ食べれるカレーで良い塩梅🍛

DJ陣は、KAKATOさん、JAM、WAXMANさん、GYOKUさんに加え
前日にFRESHの「アメ村放送倶楽部」で、
インタビューさせてもらったばかりのWATABOOさんのビートライブ。
本当にいろんなジャンルが流れて全然飽きなかった。

もうちょっとしたフェスやん。

でもそんなクロスオーバーした音楽もしっかりフロアに染み込んで
空間にはまっていくのもDaphniaの不思議な力。

ブレない「実家感」。

個人的なMVT(Most Valuable 楽しかった)
WATABOOさんのbeat live × AIMIちゃんのVJ。

ハーコーなビートと映像が功を奏して
バッキバキに異空間に飛ばされる。

けどちゃんと心地いい。近未来SFジャグジー🛁

しかもあの極太なビートを
ちゃんと腹の底まで
ズムズム届けてくれるサウンドシステムも嬉しい。
自然に揺れて踊ってしまう感覚。
改めて音楽ってすごい。

遠方の方もわりかし来ていたところを見ると
似た嗅覚を持ったパーティジャンキーが
集結していた印象。
そういうのもなんか良いな〜

誰よりもフロアで
ぶち上がって踊ってたオーガナイザー
nahoikedaにリスペクト。
vol.2にも期待大。

レポ by Seiji Horiguchi

【パーティレポ】7年ぶりの開催となったwoman of woman!!

9月27日に開催されたwoman of woman。
仕掛け人はMIO&MA-NAの二人。

「オンライン配信を行う」という点や
「女性のプレイヤーにフォーカスしたパーティ」
という点が話題となり、パーティの詳細が
明かされる前から既に噂は広まっていた。

https://www.instagram.com/woman_of_woman/

実はFRESHのスタッフも、
サポートをしたり当日遊びに行ったりと
イベントと近い距離にあった。
そこで、今回はパーティレポを行おうと思う。


パーティはDJ SAMOによる
DJ TIMEでゆっくり幕を開ける。
華やかなライティングと怪しいスモークの中
ゆっくり着実に増していくワクワクと緊張感。

気づけばフロアには、
眩しい色のビキニに身を包んだ
Asiangels」のギャルズの姿が。

艶めかしく体を揺らしながら、
いたずらに微笑む彼女たちの登場により、
会場は一気にムーディofムーディ。
このwoman of womanは、オフラインチケットは
高校生以上対象だったそうだが、
なるほど確かにこれは
キッズやヤングの世代には
刺激が過ぎるかもしれない…!


そしてMC AMIによる
パリッとした声が会場に響き渡る。
プレイヤーの心拍数をグッと
上げてくれるMCテクニックは健在だ。

イベント序盤で、
まだ全体的に固めだった空気を
きっちりブレイクしてくれた。
「そうそう。イベントってこうだった!」
と誰もが思い出す。


そして一つ目のコンテンツ、
SPECIAL UNIT SHOWがスタート!

LoLo

AKARI,MA!KA,AZUSAの3人。
バイブスたっぷりでショー1発目を飾ってくれた。
キレキレのコレオでチームワークを
見せつけたかと思えば、
MA!KAが小道具(けん玉!)をどこからともなく
取り出して披露する(失敗した!)など、
意外性抜群のショーだった。


KOTA+keijiro+レチコ

このメンバーの一人、KOTAは
後ほどセッションにも参加するYU PAULO同様
なんと関東から駆けつけてくれた!!
怪しく美しい3人の世界観は、
イベントの中でも異彩を放っていた。


そこからソロダンサーが続々と登場!


アフリカンダンスで、一発目から
オーディエンスを笑顔にしてくれたTAKACO
奈良レペゼンの彼女は、
アフリカに渡って現地のダンサーと
交流を深めたりと、パワフルに活動を行なっている。


ファニーな表情とムーブ全開で、
変わった切り口で会場をロックしてくれたMAi
近年は、振り付けやWSで多忙な生活を送る一方で
MCやDJにも果敢に挑戦するなど、生粋のエンターテイナーだ。


妖艶な体使いと、鋭すぎる視線で、
一味違った刺激を会場に届けてくれたAI
自身が最も音楽を味わい尽くすように
世界に深く浸りながら見る人を引き込む姿が印象的だった。


会場がどよめくほどのヒットと超絶技巧で
圧倒してくれたFUNKY P
生粋のクラバーでもある彼女は、
バトルにコンテスト、そしてゲストショーと
全国を舞台に活躍しており、
間違いなく全国レベルのスキルをもつ。


ダイナミックにBraidsを振り乱しながら
“これぞHIPHOP!”を見せつけたのは、MISATO
長い手足から繰り出されるアグレッシブなムーブと、
抜群の緩急には割れんばかりの歓声が沸き起こった。


クールビューティな音楽と衣装で、
会場から一際声援を集めていたのはK-KO
コレオグラファー/指導者としても
絶大な信頼を得る彼女は、もちろんソロでも
十分に会場を沸かせていた。


そしてソロダンスショーのラストに登場したのは
レペゼンOUTSETのREIKO

この日唯一のJAZZサイドからの参戦。
哀愁漂うEGO-WRAPPIN’の「色彩のブルース」の
イントロと共に現れた瞬間に、会場は狂喜乱舞。
視線や指使い一つ一つに、
風が立っていたように感じるのは筆者だけだろうか。


ソロダンスショーが終わったあとはDJ YUNGEASYによるDJ TIME.

今年はコロナによる「パーティ氷河期」を乗り越え、
自身も関わるパーティ”FULLHOUSE”をはじめ、
超人気パーティブランド”WeWant”シリーズにも
毎度参戦するなど、日夜、関西の音好きを唸らせている。


続いて登場したのは唯一のラッパー枠、MFS(Mother Fuckin Savage)
2019年に大阪に彗星の如く表れ、
音源/MVを発表し、ライブの回数も
着実に増やしつつある実力派MCだ。

キレのあるフロウと何よりも
グルーヴの感じられるライブに、
会場は図らずもバウンスバウンスバウンス!!
彼女のことを知らなかった人も、
そのカリスマ性に衝撃を受けた事だろう。
音源やMVももちろん
かっこよくて中毒性が高いのだが、
個人的には彼女はライブでこそ
最も本領を発揮するタイプだと思った。


そしてwoman of womanは終盤戦。

スペシャルセッションスタート!

参加したのは、

MIO
MA-NA(from BOO-YA)
Amy(from D.D factory)
KYOKA(from RUSHBALL)
MAHINA
YU-P
COCORO
藤原桃尻

計8名のフィメールダンサー。

このセッション、結論からいえば
歴史に残るダンスショーケース」だった。

コロナの影響で、
ダンサーが活動できる場所が
文字通り「0」だった数ヶ月間。
今までのように活動を続ける事が
難しくなったという人も少なくないはずだ。
彼女達のダンスセッションは
そんな向かい風をぶっ飛ばすほどの
希望とパワーに満ちていた。

また、オーガナイザーのMIOも
告知の際に語っていたが、
このメンツが一堂に会すのは、
皮肉にもコロナのおかげなのだ。
当日のあの「爆発」を
目の当たりにできた人は本当に運が良い!

個々のスキルももちろんだが、
様々なスタイルが一つの場所に集結し、
混ざり合うことで今まで見たことのない
景色が広がっていることに感動した。
息つく暇もないほど圧倒的なステージだった。
また、それを観覧する
オーディエンス(もちろん女性が多かった)
のテンションも、それに呼応して上昇し続け
会場の熱気が最高潮に達した瞬間だった。

セッションに参加したダンサーの
ヘアセットを行ったのはlecil&chico(ルシェル&チコ)
https://www.instagram.com/lecilandchico/

(少し脱線するが、髪を結わいで
勝負の場へおもむくというのは、
何か日本の古来からの
風習を思わせるところがある)


全てのショーが終わったあとはパーティタイム。
YUNGEASY&SAMOによるBack to Backだ。

二人のコンビネーションが冴え渡り、
DJブース前には、(筆者も含め)音に植えた
party peopleが自然と集合。
音が止まるその瞬間まで、愛の溢れた
パーティタイムだった。
回しているYUNGEASY本人も
「ちょっと泣きそうになった」と
あとで話すほどに、
最後の最後まで一体感が続いた。


それでは最後に、
パーティスナップのコーナー。

woman of woman2020、
間違いなく大成功だったと言える。

イベントに関わるスタッフや
プレイヤーの人柄が
滲み出るような温かみのある時間で、
大阪のクラブシーンの良さが
映像越しでも伝わるような
空間だったのではないだろうか。
何より、笑顔の人で満ちていた。

2020年はコロナウイルスの影響で
ダンサーにとって本当に厳しい年になったわけだが
このイベントは、崩れかけたシーンにとって
一筋の光となったに違いない。

また、このイベントをきっかけに
新たな動きが生まれる可能性もありそうだ。

今後も楽しみにしたい。

text by Seiji Horiguchi

New Party”TIMELESS”を開催!

秋も深まる10月の頭。アメ村真ん中のClub JOULEの4階のフロアとテラスにて新たなパーティが開催されます!その名も「TIMELESS(タイムレス)」!

この半年間、多くのダンサーが「クラブで揺れてえ!」という欲求と「密を避けないと危ねえ!」という危惧のせめぎ合いに悩まされたことでしょう。

クラブに入れる人数がめちゃめちゃ限られている中、FRESHは配信型のイベントを開催したりと初めての試みにも挑戦した2020年の夏でした。(え、もう2ヶ月前?タイムリープした?)

Village Camp2020の振り返りはこちらの記事から。

気温が高くなりウイルスの活動が弱まったせいか、はたまた下らない情報操作に終止符が打たれたせいか「コロナウイルスによる甚大な被害」といった類のニュースは目に見えて減っています。

そんな、やや回復ムードに傾きつつある中でのTIMELESSの一番の特徴は「配信型ではない」という点でしょう。やはり「イベントをやるんだよー」というと「え、オンライン?」と聞かれるのですが、違います。原点回帰というか「クラブで揺れる楽しさ、生でダンスを観れる楽しさを(少ない人数でも)共有しよう」というところにこのパーティを企画した一番の動機があります。なので、通常スタイルのパーティです。アーカイブにも残りません。会場に集まった人たちの記憶にしか残りません。いえい。

とはいえ、呑気に三密の場所を作り上げる訳ではありません。大阪府知事がかつて言ったように「正しく恐れる」必要はあると考えます。という訳で、まず換気を十分行えるよう、会場は半分野外であるJouleの4F(屋上のテラスに出れるんです)。さらにイベント中は人数制限やマスク必須、アルコール消毒などの対策を徹底します。会場であるJouleは、アメ村ど真ん中でカルチャーを発信してきた場所であるという自負のもと、最大限のケアを行いながらイベントの開催を続けられていますね。big up!!


さて中身の話にいきますが、今回ショーに出演するダンスチームは、普段から大阪を中心に精力的に活動するおなじみのチームから生で見るのは初めてという期待のホープまで、世代やジャンルを超えたチームがずらり。

スペシャルゲストのMIO×REIKO、そしてAtsuki+Yuはもちろんのこと、僕が個人的に「ショーを生で見たい!いろんな人に見て欲しい!」また「この人にパーティにいて欲しい!」と思うチームしかいないんです。それほど濃厚なメンバー。

またDJ TIMEをたっぷりとるというFRESHならではのパーティスタイルも忘れてはいませんよ!DJのGAJIROHさん、JAM君がバイナルでスピンする心地いい音楽を心ゆくまで堪能したいところ。「イヤホンの音量に飽きた〜」というあなたは是非一緒に楽しみましょう!

「TIMELESSまで待ちきれへん!」という音好きの方は二人のDJがSOUND CLOUDにあげているこちらのMIXで予習を👇


また、Joule屋上のテラスも使用するということでFOOD BOOTHもバッチリ設置!腹ペコなみなさんを待ち構えているのは、いつもお世話になっている日の松ホルモンさん。鉄板スタイルで香ばしい香りを漂わせてくれるのは間違いないです。じゅう。

そしてそして、なんといっても今回のパーティの色をバシッとキメてくれたのがコラージュアーティストのAIMIさん。

art work by AIMI

賑やかさと涼しさと、少しの怪しさ…。秀逸〜。個人的にムッチャ好きな世界観。今回フライヤーに続き、イベント宣伝用のCMまで作成していただきました。残念ながらこのブログ記事に動画を載せる方法がわからなかったので、FRESHのこちらの投稿を見てください👇

ちなみにこんな素敵なART WORKを担当してくれたAIMIさんにはイベント当日もイカした仕掛けを作ってもらう予定なので、是非お楽しみに。


という訳で、コロナウイルスの対策も行いつつ、DANCER、DJ、FOOD、ART…と隙のない布陣で楽しむ準備万端なパーティ”TIMELESS”。先にも書いた通り、人数制限を行う関係でチケットは「申し込み制」となっています。ここ重要。入るためにあなたがどうすればいいのかを説明しますね。

【チケット購入の流れ】
1, FRESH DANCE STUDIOのインスタアカウントにDMで申し込み
 ▶️ @fresh_dance_studio

その際、以下のことを明記してください。
 ①「10/4(日) TIMELESSチケット申し込み」
 ② 氏名(フルネーム)
 ③ 電話番号
 ④ どの出演者のゲストか

2, FRESH側から承諾の返信が届いた時点で申し込み完了です。

※80名限定。(完全先着順)
※申し込み後にキャンセルを行う時は理由にかかわらずキャンセル代が発生します。あらかじめご了承ください。

という訳で出演者+80名の方と、目一杯楽しい時間を共有したいと思います!もしわからないことがあれば出演者もしくはスタジオまで問い合わせてください!

Seiji Horiguchi

【夏の風物詩】あのイベントがオンラインで帰ってくる…!

お久しぶりです。
FRESH DANCE STUDIOスタッフのセイジです。
前にブログを書いたのがいつか思い出せないほど、お久しぶりです。

コロナ禍でダンス界、いやエンタメ界全体が絶大なダメージを受け
今尚油断のできない状態が続いている2020年。

FRESHのお隣、maple comicsもアパレルショップとしての活動を休止することになりました。

https://www.instagram.com/p/CAaALwiAyCm/

FRESHも、4月頭から
レンタル/レッスン共に一時休止せざるを得ない状態の中
クラウドファンディングという方法でご支援を募らせていただいたところ、
想像の何倍もの方からのお気持ちを賜る結果となりました。

支援者数 … のべ1175名
支援額 … 5,350,921円
という結果に。

(リアルな金額を出すのはどうかと思いましたが、結果の詳細はこちらでも公表しております)
https://camp-fire.jp/projects/view/267841

この場を借りて、改めて厚く御礼申し上げます。

また、ご支援だけではなくSNSにおける激励のメッセージにも本当に力をいただきました。
これから第二波、第三波が予想されているので
もちろん、油断はできない状態ではありますが、
FRESH DANCE STUDIOはみなさまからの
ご支援を受け、息を吹き返すことができました。

スタジオが歩んできた道のり、
あるいはこれからスタジオとしてすべきことについて
おおいに考えるきっかけとなりました。

暗い話題が多いなか、
FRESH DANCE STUDIOにできること…。

「あの」イベントを開催することだ…!
というわけで、梅雨明けのシーズンに毎年恒例の夏の風物詩である
こちらのイベントを行うことになりました!

Village Camp2020!!!

2020VC-フライヤー

なんと、今回はオンラインでの開催!
「ZAIKO(ザイコ)」という、イベントを紹介してくれるサイトにて
①アカウントの作成
②Village Campのライブ配信チケットを購入
というカンタン2ステップ。これだけで当日を迎えていただけます^^
(もう実は既に購入は可能となっております)

なお、直接入場できるチケットも50名限定で販売します。
こちらは7月1日(水)になった時点からインスタDMにて受付を開始します!
(完全先着順ですので、ご容赦ください)

さて、今回のVillage Camp2020.
いつもは前半にクラス発表、後半にゲストショー
という流れなのですが
今回はコロナによる影響でクラス発表の部分はありません。

しかし!

豪華絢爛なゲストダンスショーに、good moodなDJタイム。
さらにはVillage Campでは恒例となりつつあるマジックショーまで!
「夏の風物詩」としての楽しさを最大限にキープしつつ
全国のみなさまに恩返しをする意味も込めて
盛大に企画したいと思います!
まずは豪華なキャストを眺めていただきたい!
7月12日の日曜日。大阪アメ村から、全世界へ。

もう既にタイムテーブル(この記事の一番下)も出ておりますので、スケジュールの確保をお願いいたします!


 

2020年夏、Village Campが生まれ変わってやってくる!
未曾有混沌の世界の中で”オンライン”という新たなステージへ!
夏の楽しさそのままに豪華ダンサーが続々登場!
DJタイムからマジックショーまで見逃し厳禁。
“Village Camp ONLINE”開幕!

Village Camp 2020
2020.7.12@JOULE 4F

◆ONLINE STREAM (ZAIKO):¥1,000-
◆OFFLINE TICKET(限定50枚) :¥2,000- NO DRINK

START 19:00 CLOSE 23:00
※配信から72時間はアーカイブにも残り、いつでもお楽しみいただけます。
※オフラインチケットの販売は7月1日(水)からFRESHインスタアカウントDMにて受付開始。
→ @fresh_dance_studio

【ライブ配信チケットの購入はこちらから】
https://streaming.zaiko.io/_item/327101

[GUEST DANCE SHOW]
MIDDLE FILTER / NHHC TOSHIYA × TOKU / HEX BEX+sucreamgoodman
BOUNSTEP / MIO×REIKO / BOXER×keiko
MIHO(Marjoram/L.O.F.D)×MAHINA / sutte sutte highte
GIDDAP+ATSUKI / サカナウマゴン / DONUTS
BOO-YA / Manijyu / MO★JO / At

[GUEST SOLO DANCER]
TAKENO / SHINJI / MAHIRO

[DJ ]
DY / YUNGEASY / JAM

[MAGIC]
Tricker Loki

[FLYER DESIGN / PAINT]
BOXER JUNTARO

[MC]
TATSUYA

[FOOD]
よっ恋食堂 / いまいちゃんのBBQ

[LIVE STREAMING DIRECTOR]
DAIKOKU FILMS

 

2020VC-タイム

 

 

seiji horiguchi