OLD SCHOOL NIGHT出て感じたこと

お久しぶりです
スタッフのタクヤです。

実は先日、
大阪老舗のダンスバトルイベント
OLD SCHOOL NIGHT(OSN)にチャレンジしてきました。

今回はチャレンジャー側の気持ち(個人的)をブログに書いてみようと思います。

そもそも、コロナ禍になって、大打撃を受けたダンスシーン。
圧倒的にイベントの数が減り、今まで見たことない環境、アメ村の姿に
正直何度も心が折れそうでした。
今からぶちかましていくぞ!そんな時に。。。
人と人が近寄ってはいけない。握手したらダメ、ハグもダメ、話すことさえ。
でもそれは、ダンスシーンにとって1番大事な部分。繋がりの部分が
コロナ禍によって薄れていくのを目の当たりにしました。

そんな中でも、
全国の、世界中のダンサーの方々のスーパーポジティブマインドにより
なんとか対策しながらシーンを繋げていく動きに感動し、
1つ1つのイベントや、練習のありがたさ、今こうしてダンスができてることなどを改めて痛感し、
それから、参加する現場ごとに、ものすごい感謝を込めて参加してました。
自分もイベントをオーガナイズしたことがあるので余計にしんどさ、大変さが身に染みてわかり、感謝は増すばかりでした。

少し昔は、ダンスバトルが日常茶飯事で、バトルに負けても次の週末、なんだったら次の日のバトルで!そこでかまそう!!と
言い訳ができてた分、悔しい思い始め、現場経験、バトル経験も多くできてたんですが、、、
今は圧倒的に数が少なくなり、バトルだと今日負けたら次はもういつあるかわからない。
だから、予選であろうとなんであろうといつも以上に、おもっきし、楽しく、いい踊りをしようと心がけたり、
ショーケースだと、こんなコロナ渦の中、足を運んでくれたお客さんに1人でも多く、
ポジティブパワー伝われ!!と思って踊ったり、1つ1つのイベントにかける思いが半端なく強くなりました。

それもこれもコロナ禍になったことによって、感じれたこと。
コロナはもちろん早く終息して欲しいですが、
日々のありがたさを痛感すると言う点では勉強になりましたし、そう思えてよかったなとも思います。

話がだいぶそれましたが、
そんな状況下でのOSNだったので、
まぁ、もうすんごい思いですよね。なんてったって、OSNですから。
なかなか会えてなかった人たちにもたくさん会え、心身ともにエネルギー満タン状態で予選に挑めました。
そして、みんな踊ってて気持ち良さそうで、余計に気持ち入りました。

OSNには、2014年18歳の頃に初チャレンジして、予選通過まで8年かかりました笑
(今年はコロナの影響もあり参加者は少なかったですが、 コロナ前はPOPPINGだけで600人を超えるスーパーBIGイベントOSN)

と言っても、やっぱり本番は難しい。
いい踊りをしようと心がけてましたが、1次予選、2次予選共に、MCのチェンジの一言で、
スイッチオンと同時に6速のフルアクセルだったため、基本何したか覚えてません。笑

ただ、踊り終わるのと同時に、
ありがとうございましたという感情が心底込み上げてきました。
あぁ、やっぱ現場ないと無理だわ。
生きていく上で必要だわ。
ほんとにありがとうございます。
むっちゃ気持ちよかったです。
そんな、気持ちでした。

そして、結果的に予選はPICKUPしていただき、DAY2の本戦に初めて進むことができました。

正直その時は、嬉しいというよりやはり
今日OSNあって良かった〜という感情が大きかったです。

予選通過後すぐにくじ引きでトーナメントを決め、そこで自分はtemporalyのSOさんとバトルすることになりました。
毎年、チーム対決だったり、師弟対決であったり、何かと意味をを感じるOSNの本戦トーナメント。

SOさんとは日頃からよく練習して頂いてて、なんだったら、前日にもFRESHでCGEOさん含め3人で練習してたので、
尚更、引き寄せなのかなんなのか、何か意味があるんだなと感じました。

そして、DAY2

もちろんマインド的には
全部出す
おもっきしいくだけ
と、シンプルなことだけど、
さすが、OSN。ひっさびさにすんごい緊張しました。

舞台袖の空気は穏やかだけど、ピリついてて、ただそのピリつきは相手バトラーに対してでは全くなく、
皆様それぞれ自分自身と向き合ってました。

そこでもまたバトルの深さを感じました。
バトルは相手と対面して行うので、名前の通り相手を意識すると思いますが、
究極、自分自身との戦いだと思います。
バトルスタートのその瞬間、日頃の練習、ライフスタイルが自分に与えられた30秒や1分の中でどれだけ出せるか。

SOさんと対面した僕は、重々わかってたはずなのに、それ以上に
改めて自分の未熟さ、弱さ、足らなさを丸裸にしていただき。痛感しました。
あ。これが今の自分の実力か。自分的には練習の2割もでなかった。
けど、できることは全てやりました。
SOさんもどぎついくらい全力で来てくださったことがすごく嬉しく思います。
あの時のSOさんの踊り、表情、覇王色の覇気は忘れないです。
自分に対してここまでぶちかましてくれるのか。
バトル最高。バトルやめれねー。まだまだやってやるぞー。
そんな感情でした。

結果的には、
YUKIさんに「あばれはっちゃく」と言っていただけました。
その後、ありがたすぎる言葉をYUKIさんはじめ多くの方にシャワーのように浴びさせていただき、感情ぐっしゃぐしゃでした。
結果なんてどうでも良くなりました。

その後からは、達人同士の空中戦を舞台袖で目に焼き付けました。
POPPINGでいえば、自分が属させてもらってるCREWのMurderInk.のアニキ達が奮闘してて、声出したらいけないけど声枯れてました。
そして、Co-thkooのチーム対決。さらに、自分の人生を変えてくれた恩師CGEOさん、DAIさんの今年3度目のバトル。
決勝のGucchonさんの精神。今思い出すだけでも、言葉にならないほど、熱い熱いドラマの数々でした。

今回2年ぶり22回目の開催となったOLD SCHOOL NIGHT。
終わり際にYUKIさんが放った
「ダンスのメッカは大阪や!!」
この一言がすごいしっくりきました。

こんなすごい人たちがここまで本気で踊り合う、魂ぶつけ合う空間。それを20年以上も。

全くレールのない砂利道にストリートダンスシーンという大事な大事な繋がりを敷き。
こうして今も生き続けてるのには大きな大きな意味を感じました。

またこれからも日々の生活に全力で取り組み、
常に背中で魅せ続けてくれるカッコイイ先輩たちの動きを、功績を忘れず、リスペクト&サンプリングしながら謙虚に。
新時代に向けてドキドキする人生を選択していきたいと思います。

そんなOSNのアーカイブがZAIKOより、9/30まで観れるみたいなので
あと期限がもう少ししかないですが、、、
気になる方は下記リンクよりおすすみください。
https://adhip.zaiko.io/e/osn22?fbclid=IwAR3jmJya8bp8n2tqHNmYbbdVSDjWB3-j0FoVJ1uB-6hSspLPEeKb3vRNLR8


最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。