【パーティレポ】7年ぶりの開催となったwoman of woman!!

9月27日に開催されたwoman of woman。
仕掛け人はMIO&MA-NAの二人。

「オンライン配信を行う」という点や
「女性のプレイヤーにフォーカスしたパーティ」
という点が話題となり、パーティの詳細が
明かされる前から既に噂は広まっていた。

https://www.instagram.com/woman_of_woman/

実はFRESHのスタッフも、
サポートをしたり当日遊びに行ったりと
イベントと近い距離にあった。
そこで、今回はパーティレポを行おうと思う。


パーティはDJ SAMOによる
DJ TIMEでゆっくり幕を開ける。
華やかなライティングと怪しいスモークの中
ゆっくり着実に増していくワクワクと緊張感。

気づけばフロアには、
眩しい色のビキニに身を包んだ
Asiangels」のギャルズの姿が。

艶めかしく体を揺らしながら、
いたずらに微笑む彼女たちの登場により、
会場は一気にムーディofムーディ。
このwoman of womanは、オフラインチケットは
高校生以上対象だったそうだが、
なるほど確かにこれは
キッズやヤングの世代には
刺激が過ぎるかもしれない…!


そしてMC AMIによる
パリッとした声が会場に響き渡る。
プレイヤーの心拍数をグッと
上げてくれるMCテクニックは健在だ。

イベント序盤で、
まだ全体的に固めだった空気を
きっちりブレイクしてくれた。
「そうそう。イベントってこうだった!」
と誰もが思い出す。


そして一つ目のコンテンツ、
SPECIAL UNIT SHOWがスタート!

LoLo

AKARI,MA!KA,AZUSAの3人。
バイブスたっぷりでショー1発目を飾ってくれた。
キレキレのコレオでチームワークを
見せつけたかと思えば、
MA!KAが小道具(けん玉!)をどこからともなく
取り出して披露する(失敗した!)など、
意外性抜群のショーだった。


KOTA+keijiro+レチコ

このメンバーの一人、KOTAは
後ほどセッションにも参加するYU PAULO同様
なんと関東から駆けつけてくれた!!
怪しく美しい3人の世界観は、
イベントの中でも異彩を放っていた。


そこからソロダンサーが続々と登場!


アフリカンダンスで、一発目から
オーディエンスを笑顔にしてくれたTAKACO
奈良レペゼンの彼女は、
アフリカに渡って現地のダンサーと
交流を深めたりと、パワフルに活動を行なっている。


ファニーな表情とムーブ全開で、
変わった切り口で会場をロックしてくれたMAi
近年は、振り付けやWSで多忙な生活を送る一方で
MCやDJにも果敢に挑戦するなど、生粋のエンターテイナーだ。


妖艶な体使いと、鋭すぎる視線で、
一味違った刺激を会場に届けてくれたAI
自身が最も音楽を味わい尽くすように
世界に深く浸りながら見る人を引き込む姿が印象的だった。


会場がどよめくほどのヒットと超絶技巧で
圧倒してくれたFUNKY P
生粋のクラバーでもある彼女は、
バトルにコンテスト、そしてゲストショーと
全国を舞台に活躍しており、
間違いなく全国レベルのスキルをもつ。


ダイナミックにBraidsを振り乱しながら
“これぞHIPHOP!”を見せつけたのは、MISATO
長い手足から繰り出されるアグレッシブなムーブと、
抜群の緩急には割れんばかりの歓声が沸き起こった。


クールビューティな音楽と衣装で、
会場から一際声援を集めていたのはK-KO
コレオグラファー/指導者としても
絶大な信頼を得る彼女は、もちろんソロでも
十分に会場を沸かせていた。


そしてソロダンスショーのラストに登場したのは
レペゼンOUTSETのREIKO

この日唯一のJAZZサイドからの参戦。
哀愁漂うEGO-WRAPPIN’の「色彩のブルース」の
イントロと共に現れた瞬間に、会場は狂喜乱舞。
視線や指使い一つ一つに、
風が立っていたように感じるのは筆者だけだろうか。


ソロダンスショーが終わったあとはDJ YUNGEASYによるDJ TIME.

今年はコロナによる「パーティ氷河期」を乗り越え、
自身も関わるパーティ”FULLHOUSE”をはじめ、
超人気パーティブランド”WeWant”シリーズにも
毎度参戦するなど、日夜、関西の音好きを唸らせている。


続いて登場したのは唯一のラッパー枠、MFS(Mother Fuckin Savage)
2019年に大阪に彗星の如く表れ、
音源/MVを発表し、ライブの回数も
着実に増やしつつある実力派MCだ。

キレのあるフロウと何よりも
グルーヴの感じられるライブに、
会場は図らずもバウンスバウンスバウンス!!
彼女のことを知らなかった人も、
そのカリスマ性に衝撃を受けた事だろう。
音源やMVももちろん
かっこよくて中毒性が高いのだが、
個人的には彼女はライブでこそ
最も本領を発揮するタイプだと思った。


そしてwoman of womanは終盤戦。

スペシャルセッションスタート!

参加したのは、

MIO
MA-NA(from BOO-YA)
Amy(from D.D factory)
KYOKA(from RUSHBALL)
MAHINA
YU-P
COCORO
藤原桃尻

計8名のフィメールダンサー。

このセッション、結論からいえば
歴史に残るダンスショーケース」だった。

コロナの影響で、
ダンサーが活動できる場所が
文字通り「0」だった数ヶ月間。
今までのように活動を続ける事が
難しくなったという人も少なくないはずだ。
彼女達のダンスセッションは
そんな向かい風をぶっ飛ばすほどの
希望とパワーに満ちていた。

また、オーガナイザーのMIOも
告知の際に語っていたが、
このメンツが一堂に会すのは、
皮肉にもコロナのおかげなのだ。
当日のあの「爆発」を
目の当たりにできた人は本当に運が良い!

個々のスキルももちろんだが、
様々なスタイルが一つの場所に集結し、
混ざり合うことで今まで見たことのない
景色が広がっていることに感動した。
息つく暇もないほど圧倒的なステージだった。
また、それを観覧する
オーディエンス(もちろん女性が多かった)
のテンションも、それに呼応して上昇し続け
会場の熱気が最高潮に達した瞬間だった。

セッションに参加したダンサーの
ヘアセットを行ったのはlecil&chico(ルシェル&チコ)
https://www.instagram.com/lecilandchico/

(少し脱線するが、髪を結わいで
勝負の場へおもむくというのは、
何か日本の古来からの
風習を思わせるところがある)


全てのショーが終わったあとはパーティタイム。
YUNGEASY&SAMOによるBack to Backだ。

二人のコンビネーションが冴え渡り、
DJブース前には、(筆者も含め)音に植えた
party peopleが自然と集合。
音が止まるその瞬間まで、愛の溢れた
パーティタイムだった。
回しているYUNGEASY本人も
「ちょっと泣きそうになった」と
あとで話すほどに、
最後の最後まで一体感が続いた。


それでは最後に、
パーティスナップのコーナー。

woman of woman2020、
間違いなく大成功だったと言える。

イベントに関わるスタッフや
プレイヤーの人柄が
滲み出るような温かみのある時間で、
大阪のクラブシーンの良さが
映像越しでも伝わるような
空間だったのではないだろうか。
何より、笑顔の人で満ちていた。

2020年はコロナウイルスの影響で
ダンサーにとって本当に厳しい年になったわけだが
このイベントは、崩れかけたシーンにとって
一筋の光となったに違いない。

また、このイベントをきっかけに
新たな動きが生まれる可能性もありそうだ。

今後も楽しみにしたい。

text by Seiji Horiguchi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。