日別アーカイブ: 2018年7月1日

IMG_4707

2018Village Campキャスト紹介そのⅤ~MC,DJ,FOOD陣~

Village Campまであと2週間を切りました。
イベントのキャストを紹介してきたこのコーナーも終盤。
本日はイベントをどっしりと支えてくださる。この方々の紹介です!!!


 

MC TATSUYA
village15

マイクごしに会場の温度を上げるのは、ご存知MC TATSUYAさん!
1ダンサーとしてもシーンに携わっている彼の鋭い勘と、
キレのある声は幾多のイベントの成功をアシストしてきました。
ステージに立つ者のパフォーマンスをどこまでも引き上げてくれるような力があります。
彼の躍動的な叫びで、ダンサーの「本気スイッチ」が一斉に入ります。

 

DJ DY
cityattack17-2113

ダンサーとして、DJとして、そしてSHOP STAFFとして
ストリートとあらゆる形で向き合い、優れた表現者として各方面から評価を受けるDYさん.
DYさんの音楽への愛情と、生まれながらの人懐こさは、フロアを包み込むようなDJingに表れています。
FRESHのイベントでは恒例となっている彼のクローズDJ。
最高にpieceで、会場には笑顔だけが残ります。
この空間こそ、Village CampがVillage Campたる所以と言えるでしょう。

※彼の過去の作品の一部はこちらからも視聴可能です。
https://soundcloud.com/dee_y

DJ GRIND
grind

BOUNCE CATZのメンバーであり、常に前衛的な音楽を追い求めてきたGRINDさんが
今年もVillage CampにDJとして参加!!
現在は盟友YUNG EASYと共にアメ村GHOSTでのV TUESDAYといった
パーティメイクに参画するなど、ミナミのど真ん中でスピンする他、
地元兵庫でも地に足をつけた活動を展開中。
クルーとしても、個人としても注目度の非常に高いDJの一人と言えます。

 

DJ JAM
cityattack17-0016

1997年、大阪は岸和田市で生まれた若きDJ JAM。(今年でまだ21歳!!)
周囲の影響でReggae Musicを聞きながら育ったりと、黒い幼少期を過ごします。
そして高校時代、ストリートウェアを買おうとして偶然立ち寄った
uprise MARKETでレコードに不思議な魅力を感じ、その瞬間からDJを志すように。

「HIPHOPはストリートから学ぶ」という師匠であるDJ IKKEIさんの教訓のもと、
現場スタイルで経験を積み、若くして膨大な知識とレコードを蓄えます。
90’s HIP HOPを中心に、1本筋の通ったDJを展開することを得意としている彼のDJは、
大阪のHIP HOPシーンの中でもひときわ強い輝きを放っています。
毎回のFRESHのイベントでは、重要なポジションである「オープンDJ」を任されます。
「ショー前の準備時間のDJでしょ?」と、たかをくくっている方は今すぐ目を覚ましてください!
彼がレコードに針を落とした瞬間から、Village Campはもう始まっているのです。

MACHETE

640x640_rect_60447611

心斎橋の喧騒から程よく離れたなんば元町の一角に佇むメキシカンスタイルレストラン.
クラブへの出店など、night outな営業も難なくこなし、日夜ストリートヘッズの腹を満たしています。
けして甘くない料理は疲れと眠気を吹き飛ばし、アクティブなparty peopleを鼓舞。

DSC02669
スタッフのお2人の笑顔にも元気をもらいますよ^^

日の松

images
肉食なあなたの胃袋を満足させてくれるのは、大阪が誇るホルモン焼屋、日の松。
クラブでの出店であっても、一切妥協なしの「鉄板超強火スタイル」
香ばしいごま油の香りと塩っ気のあるカルビ丼は、大盛りで食べたくなります。
s_0n6r

長丁場のイベントで疲弊した体もみるみる鋭気を取り戻すでしょう。


 

ご飯時に見てしまった方には凄まじい飯テロになってしまったことをお詫び申し上げます。

しかし、Village Camp名物とも言える彼らの支えがあってこその「夏のイベント」。

ぜひこちらも楽しみにしてください。