日別アーカイブ: 2019年5月3日

top001

Tenri Goodfellows2019を振り返る

今年4月29日に開催されたTenri Goodfellows2019。本日はそのレポを。

イベントの仕掛け人はD’OAMのMOCCHINさんと、sucreamgoodmanのoSaamさん
地元である天理を盛り上げるべく、そして関西のダンスシーンを盛り上げるべく2017年に
イベントを始動。今年で3回目となります。

GWのお昼間に天理の駅前で開催されるイベントとしては明らかに

「規模がとんでもない」

ことでも有名。
例年、ダンスバトル、ナンバーやチームのショー、DJタイムなどなど
HIP HOPダンスを軸にしたコンテンツをギュギュッと盛り込んでいます。

今回はあいにく夕方から雨の予報だったので
屋内(天理市役所!)での開催だったのですが、
それでも規模と盛り上がりは相当のものでした。

今回特に紹介したいのは

1, Dance Battle予選
2, DJ Time
3, Beat Session Live
4, なみかわ市長の名演説
5, Judge MoveからのBattle決勝
6, 超豪華Guest Show

の項目です。全体を通すと少し長くなりますので、多忙なストリートライフをお過ごしの方は気になった項目だけでもチェックいただけると幸いです。


 

1, Dance Battle予選

Dance Battleの事前エントリー者は200名!
毎回の盛り上がりを聞きつけて駆けつけたであろう東海や関東のダンサーもちらほら。
バトルの軍配をあげるJudgeは
Rubber Bandさん、MIDDLE FILERのHIROさん、
HEX BEXのKUCHAさん、そしてsucreamgoodmanのBUUBEEさんの4名。えげつねえ。
毎回のバトルジャッジの豪華さもGoodfellowsならでは。
というかオーガナイザーのお二人だからこそ なせるキャスティング。

event003

バトル前になにやらPCをいじっているRubber Bandさん。
予選サークルの時に、sucreamgoodmanが2013年に制作したDVD、「LINKS」を流していた!!笑

最近リリースされたばかりの 「LINKS2」 の宣伝?
彼なりのバトラーへの激励?
NYのO.Gとしての日本のダンサーへのメッセージ?
それとも単なる気まぐれ?
意図は謎のままです。

battle009

battle002

会場も写真の通り、ダンサーでぎっしりになるほど。
200人の中から8人を選ぶ予選は熾烈を極めました。


 

2, DJ Time

多くのGood VibesなダンスバトルがそうであるようにTenri Goodfellowsもまた

DJタイムがいい。

Battle DJ、Floor DJを務めるのは
BETWEEN MUSIC STOREよりDJ QUESTA& DJ DY!!
この日もバトル、DJタイムともに申し分ない選曲とgroove.
ダンサーの耳をたっぷり肥やしてくださいました。

dj002

dj004

dj003

天理市役所で思いっきりHIP HOPがかかり、ダンサーが思いっきり汗だくになる。
もちろん「公共の施設内で音楽をかけて踊ってもいいの?」と疑問を呈す声もあるかもしれませんが
自分にとっては新鮮かつHIP HOPの可能性を感じる光景でした。

event002


 

3, Beat Session Live

今回、個人的に最も待ち遠しかったのがBeat Live。
東京のビートメイカーであるBudamunkさん、そして奈良在住のビートメイカーYotaroさんによるビートセッションです。beat003

ラッパーにトラックを提供するトラックメイカー(いわゆるプロデューサー)はもちろん日本のHIP HOP黎明期からいたわけですが、歌詞の入っていないインストのビートのバイブスだけでライブをするビートメイカーは少なかったわけでして。

それでも昨今のビートシーンの盛り上がりによって「ビートライブをするビートメイカー」がかなり多くなってきました。

そんな日本のビートメイカーの中でも国内外のアーティストから高い評価を受け
トラックを提供したり日本各地のパーティでライブを行なっているのがBudamunkさんとYotaroさんです。2017年には共同でアルバムをリリースされたりもしましたが現場でのビートセッションライブは初めてとのこと。

動画では伝わりにくいかもしれませんがYoutubeでその時の
様子があがっていますのでよければ是非チェックを。

Budamunk&Yotaro Live @ Nara Japan

ちなみにBudamunkさんはこの後DJも行い、会場を揺らしていました。


 

4, なみかわ市長の名演説

イベントの後半には毎年恒例のなみかわ市長による挨拶が。
朝礼の時の校長先生のような月並みで平々凡々なスピーチではなく、
ダンサーの心をグッと掴む名演説が印象的であり、
これもまたGoodfellows名物となっています。

今回も割れんばかりの声援と喝采を浴びながら登場。
(この日登場したどのダンサーよりも声援を浴びていた…!)

mayer001

挨拶の一部を紹介します。
(僕の記憶から書き起こしていますので言葉遣いや細かい言い回しは正確ではありません。悪しからず。)

今朝、oSaam君に電話をして「イベント準備は順調ですか?問題ないですか?」と言うと、「会場準備の段階で発電機が足りないんです」と言われました。そこで急いで商工所などに連絡をして協力を仰いだら、「そういうことでしたら」と、快く貸してくださいました。天理はそういう街なんです。来てくれた人に喜んで帰ってもらいたい、そういったホスピタリティのある街です。今日は皆さんに喜んで帰っていただけるよう、サポートさせていただきます!

もう会場は「なみかわさぁーん!!!」「市長ぉぉー!」の声でいっぱいでした。

また、
市役所は市民のものです。市民の方が望むのであれば喜んで場所を提供します。」ともおっしゃっていました。
まだまだHIP HOPやダンスに対しての風当たりはよくないこともありますが
なみかわ市長の言葉と行動には希望をもらいました。

mayer002

天理市長BIG UP.
そして天理UP.


 

5, Judge MoveからのBattle決勝

ビートライブや数々のダンスショーが終わればいよいよイベントは佳境。
バトルの優勝を決める戦いが始まります。
まずは先ほども紹介した4名のジャッジによるジャッジムーブ。

judge move003

jugde move001

jugde move002

su004

ジャッジムーブが終わればついに決勝戦。
今年の決勝戦はfrom神戸のATSUKIさん vs from奈良のAkinobuさん。
なんとここにきて審査が割れて割れて、幾度も延長戦が繰り返されました…。

battle005

battle003

もう最後は二人の見事なまでの技と負けん気を目の当たりにして感動の渦でした。
これも毎回のTenri Goodfellowsで生まれるドラマの一つと言えるでしょう。
いくところまでいくと勝負がどう、よりも
ダンスのぶつかり合い(高め合い)自体の素晴らしさだけが現れることを痛感しました。

そんな中でも優勝をもぎ取り、賞金5万円と黒帯を獲得したのはATSUKIさんでした!!
見事なボディコントロールと
再再再延長になっても折れない精神力
そしてアグレッシブなパッションで
優勝の座に輝きました!おめでとうございます!

battle008

battle007


 

6, 超豪華Guest Show

最後のショーはもちろんGUEST SHOWCASE.
関西のイベントでこの豪華さが今まであり得たでしょうか。

ゆるさと技巧の絶妙なバランスで会場を魅了した D’OAM.
d002

「これが俺らのHIP HOPや!」と突き抜けたこだわりを見せつけたHEX BEX.
hex001

BudamunkさんのBeatに流れるように乗りながら
ソロとコンビネーションを自在に組み合わせたsucreamgoodman.
su001

そしてそれら全てを飲み込みつつも
最後には全員を笑顔にさせる貫禄のショーを見せつけたMIDDLE FILTER.
mf001

いずれも日本トップレベルのチーム。どのチームも種類の違う「物凄さ」がありました。
“オーラの色”というとわかりやすいかもしれません。
オーディエンスの反応もチームごとに違っていて興味深かったです。


 

全てのショーが終わった段階でクローズの時間。
DJ QUESTAさんのDJタイムと同時に撤収作業がジワジワ始まり
長い1日は幕を下ろしました。

event001


 

アメ村から天理市まで、どれくらいかかるかというと
地下鉄と近鉄を乗り継いで、ざっと1時間強。

IMG_1608

そんな天理という町でこれだけ大規模なイベントを毎年開催するのは、本当にエネルギーが必要だと思うのです。改めてMOCCHINさん、oSaamさんの熱い気持ちと人望を、しかと感じました。

来年もまた内容(と天候!!)が気になるところではありますが、それまではしっかりサバイブして行かねば、と気持ちもフレッシュになりました。兜の緒がキュッとしめささっています。

日本一温かい気持ちになれるかつ刺激たっぷりなHIP HOPイベント、”Tenri Goodfeloows“また来年です!!!


 

文 : Seiji Horiguchi

Seiji Horiguchi

フリーライター。
新聞記者になることを夢見る学生時代を経て、気づけばアメ村に。関西を中心に、アーティスト(ダンサー/ラッパー/シンガー/フォトグラファー/ヘアアーティスト stc…)のプロフィール作成やインタビュー記事の作成を行っている。現在の主な執筆活動としては
・FRESH DANCE STUDIOインタビューシリーズ
・カジカジ、連載「HAKAH’S PROCESS」
・その他パーティレポ、ダンスチーム紹介文、音楽作品の紹介
などが挙げられる。
大阪のストリートカルチャーにアンテナを張りつつアンダーグラウンドの「かっこいい」を広めるべく日々執筆中。

https://www.instagram.com/horisage/

依頼はこちらまで。
sage.the.nara@gmail.com