日別アーカイブ: 2019年4月2日

平成のVILLAGE CAMP

そうなんです。
次回は令和VILLAGE CAMPのstartです!

世間は新年号で賑わってるのでノっカッてみました!!!

と言うことで平成ビレキャンをザーーーーーット振り返ってみましょう!!!

VILLAGE CAMPがstartしたのは2014年9月です⭐︎

2014-09-07-VILLAGE-CAMP-01-550x394 1411473903785-550x977

一回目のビレキャンではワンポーズバトルで盛り上がりました!!笑

   2015年

恒例になりかけていたクラス対抗風船割!!!!年々コツをつかんでゆく!!!!笑

そしてゲームに力を入れていくビレッジキャンプ!!。。。

FB_IMG_1554202111682 FB_IMG_1554202144690 FB_IMG_1554201218336

   2016年

勿論ゲームばかりではありませんよ!!!

日々のレッスンの成果がここにある!!!

クラスでのお揃いの衣装にテンション爆上がりしちゃいますよね♫

新しい試みでクラス対抗ゲームでは缶積みまくりました!!!

FB_IMG_1554203609832FB_IMG_1554204702783FB_IMG_1554203480308FB_IMG_1554201621184

毎年のLIVE PAINTにも大注目⭐︎

  2017年

この日から始まりました!インストラクターバトル!盛り上がりすぎたので。。。アンコール!

FRESHと言えば今を輝くインストラクターばかり!ゲストショーが豪華すぎなんです!

 

FB_IMG_1554204460237
FB_IMG_1554204440664
FB_IMG_1554204509885
R0026092

   2018年

一番記憶に新しい⭐︎

去年のイントラバトルは女性軍の勝利だったので男性軍負けじと作戦練ってましたが

さらに上を見せつけられましたね笑!

 

FB_IMG_1554205122489 FB_IMG_1554205362380 FB_IMG_1554205043317 FB_IMG_1554205271992 FB_IMG_1554205153588 FB_IMG_1554205351402 FB_IMG_1554205324806 FB_IMG_1554205853844

ダンスだけじゃなく
ライブペイントあり!屋台あり!ゲームあり!笑泣あり!
それがVILLAGECAMPです!!!!!

 2019年のVILLAGE CAMPは7月14日(日)です!!!

申し込みは始まっていますので沢山のご参加お待ちしております⭐︎

IMG_0591

HIPHOP村おこしパーティSOWL VILLAGE2019を振り返る

2019年3月29日
川崎CLUB CITTA’にて開催されたHIPHOP村おこしパーティ、SOWL VILLAGE
関東のプレイヤーだけでなく日本全国からMC,ダンサー,DJ,ライター,そしてヘッズが駆けつけました。FRESH DANCE STUDIOのインストラクターであるHONGOUさん,oSaamさん,DYさん,MAHINAさん,KOSIO RAWMANさんの5名もショーやバトルで参加されたりと、関西圏のダンサーにとっても要チェックなパーティ。

SOWLVILLAGE2019-FLYER-OMOTE

私ごとではありますが、僕も「ENTER THE 5 TEAM」というpick up枠にて出演させていただき、パーティを楽しんできたので今日はその様子を少しだけ紹介させていただきます。

アンダーグラウンドなHIP HOPパーティでは間違いなく日本最大規模のイベント。
その雰囲気が少しでも皆さんに伝われば幸いです^^
そしてそれだけでは少し読み物として物足りないので、参加されたアーティストの情報や映像も紹介したいと思います。そちらもぜひチェックのほど。


 

IMG_0535

さて、この超大規模パーティ。STRADの名で7年、親しまれたのち、「SOWL VILLAGE」という新たなパーティブランドへ名前を改めました。ダンスカルチャーだけではなく、HIP HOPカルチャーを構成するエレメンツ(DJ,Dance,MC,Graffiti)が全て盛り込まれて、しかもそれら全てがハイレベル、というのがSOWL VILLAGEの人気の理由と言えます。「この人も出るの!?この人も出るの!?」とフライヤーを手に取った時に目を丸くしたのは僕だけではないはず。

SOWLVILLAGE2019-FLYER-MAINSTAGE01

SOWLVILLAGE2019-FLYER-MAINSTAGE02

SOWLVILLAGE2019-FLYER-CLUBAREA-LIVEPAINT

SOWLVILLAGE2019-FLYER-LafayetteLounge-SHOP-FOOD-AREAMAP

それでは、早速当日の様子をThrow Back.


 

IMG_0539

 

CITTA’のエンジニアとプレイヤーが、丁寧かつ迅速にコミュニケーションをかわし
入念なサウンドチェックやショーのリハーサルが勧められたのち、ほぼタイム通りにオープン。

まず、エントランスを経て最初に目に飛び込んでくるのは、YOSSY(SOUL FLOWER)さんと阿多野 琢哉さんによる作品。

YOSSY(SOUL FLOWER)さん Instagram

https://www.instagram.com/soul_flower_p_a/

阿多野 琢哉さんInstagram

https://www.instagram.com/t_adano/?utm_source=ig_profile_share&igshid=y3yzh552kxok

 

IMG_0590

抜群の存在感!特に真ん中の梟がこちらを見つめる阿多野 琢哉さんの作品には引き込まれます。
立ち止まって眺める人も多くいらっしゃいました。

「SOWL VILLAGE」というパーティ名の由来として、フライヤーにも

「SOWL=SOUL+OWLからの造語。(梟は)アイヌでは”神の鳥”とも言われていた。」

とありましたが、大阪のアンダーグラウンドシーンにとっても「梟」というのは馴染み深いアイコン。勝手にしみじみしてしまいました。

茂千代&DJ KENSAW LIVE


 

24時を少しすぎた頃、いよいよメインフロアでのダンスショーのスタート。
この日のメイン司会であるサイプレス上野さんによる、ラフだけど緊張感もキープしてくれるようなMCでショーがスタートしました。よっしゃっしゃっす。
(ここで自分の出番でした。応援に駆けつけてくださったみなさん、ありがとうございました!!)

IMG_0626

トップバッターは零~ZERO~。いきなりメーターを振り切るようなフルスロットルのショーは圧巻でした。超絶技巧とパッション、そしてこの日限りのMPCとのセッションスタイルに、オーディエンスの熱も一気に上昇。今年の5月にワンマンを控える4人の覚悟がダイレクトに伝わってきました。

零~ZERO~ Instagram

https://www.instagram.com/zero._.japan/

そこから個性豊かなダンサーによるショーが続いたのち、
1部トリは我らがsucreamgoodman.
今までに見たことがない種類の流動的で目をそらすことのできないショー。まるでRPGのラスボスのように他を圧倒するようなドス黒さと力強さを見せつけつつもどこか3人の少年ぽさというか、夢中で好きなものを追っている!というようなキラキラ感がそこにはありました。

(NYでシューティングした映像作品も要check)
Budamunk x sucreamgoodman – Flute Slaps


さて1部ショーが終わったあとは休憩がてら会場をブラブラ。各種ブースに足を伸ばしてみました。

IMG_0537

IMG_0541

IMG_0549

東のEXTRA STORE
西のBETWEEN MUSIC STORE
北のJUICE RECORDS
そして地元のDLIP RECORDSなどなど
日本各地のアンダーグラウンドから発信を続ける店舗がワクワクするアイテムを展開。
自分はLOCO SOULのコーヒーブースにてブラジルのアイスコーヒーをGETした後
DLIP RECORDSの物販ブースにてDUSTY HUSKYさんによるMIX CDを購入。(休日感…)

IMG_0550

そしてBAHAMA KITCHENのホットサンドを頬張って一息ついたころ(休日感…!!)今回フライヤーにも特に大きく載っていたLIVEがスタート。


MONJU&BESによるMC LIVE。Japanese HIPHOPファンとしてはここは絶対見逃したくないステージ。

IMG_0560

BES&ISSUGIのアルバム、仙人掌のアルバム、Mr.PUGのEPなどなど、昨年の豊作を振り返るようなセットにCITTA’のヘッズも、首を振りながらHands Up。仙人掌さんのファンキーで熱いスタイル。BESさんの必要最低限の喋りと、圧倒的声量。ISSUGIさんのクールなフロウ。Mr.PUGさんのDJブースからの力強いパンチライン。そしてそれら全てを包むBoom Bap Beats!!音源を超える迫力のLIVEがそこにはありました。

BES & ISSUGI – BOOM BAP

仙人掌 – Show Off

Mr.PUG – Set to Work

ここまででもお腹いっぱいだったのですが…途中でシークレットゲストが参戦!!!
JJJ,OYG,KID FRESINOのお三方。

IMG_0569

写真ではわかりにくいですが、ステージにこのメンツが揃うと、流石に壮観。ファンにとっては嬉しすぎるサプライズでした。(FRESINO氏はステージ上でにこやかに踊るだけで、マイクを持つことはありませんでした笑)

シークレットゲストの参加は、あらかじめ企画されていたのかもしれませんが、次のMCにマイクをパスしたり、Back DJがMr.PUGさんからFRESINOさんへ変わったりと、パフォーマンスを自在にシフトしていくところが本当にかっこよくてプロのラッパーの地力をまざまざと見せつけられました。

IMG_0568 2

さらに…このメンツが揃えばこの曲をやらない訳が無い!2015年にリリースされたBudamunkさんのアルバム「The Corner」からsucreamgoodmanも出演したことでダンサーにも広まったこの曲。

BudaMunk – Five Elements Feat. MONJU & OYG

最後にはsucreamgoodmanも登場して、PVの空気感を再現。

IMG_0565


GUEST LIVEが終わったタイミングでメインフロア以外のスペースにも足を伸ばして見ました。

まずはLafayette LOUNGE.IMG_0587
シンプルかつムーディな照明が配された階段を登って上階へ。雰囲気がガラッと代わり、バーカンとDJブースのみのラウンジ空間。DJ K.DA.Bさんによるダンスホールミュージックがセレクトされていて、心なしか大人なお姉様の人口密度が高めでした。アクティブに踊る、というよりもおしゃべりをしたり乾杯したり、とクールなラウンジとしての性格が前面に出ている空間でした。

IMG_0574

IMG_0581

IMG_0577

LafayetteのLOOK BOOKやショップカードも。

IMG_0582


 

次にCLUB AREA
1階のメインステージへ通じるスペースでも、DJ TIMEが展開されていました。
HOUSE/SOUL/DISCOなど、心地いいdance musicが…。さらにDJブースの真横にPAブースも併設することで、常に良質な音をデリバリー。廊下のスペースさえもクラブに変えてしまう自由な発想とそのスペースの音質さえも妥協しない合理的なシステム。クラブ好きだからこそ作り出せる心地いい空間でした。

IMG_0570

IMG_0603

IMG_0606

IMG_0604


 

さぁメインフロアに戻れば、今回初の企画となるBATTLE CHRONICLES!!
各地域の予選を勝ち上がったダンサーによる白熱のバトル。
関西の代表はFRESHでもインストラクターを務めるKOSIO RAWMANさん。

https://www.instagram.com/kosio_rawman/

残念ながら優勝なりませんでしたが、熱い熱いB-BOYINGスタイルは会場を
ドカンドカン湧かせていました。ルールはあくまで「HIP HOP BEATS ONLY」であり、ダンスのジャンルは問わない、というのがCHRONICLESの面白いところ。東北代表のLOCKERの福助さんもめちゃめちゃFunkyかつアグレッシブでかっこよかった…。

オーディエンスジャッジの結果、優勝を勝ち取ったのは関東代表のTENPACHIさん!

IMG_0593

IMG_0594

このバトルの仕掛け人であるTAKESABUROさんとYASSさんのインタビューも今一度おさらいしてみるのも面白いかもしれません。個人的にはイベントの主催を通して「本当にヒリヒリしてワクワクするバトルはこうだ」と発信されている二人のアティテュードに感動しました。

SOWL VILLAGE 2019 特別企画 エリアインタビュー【 第二弾 CHRONICLES 篇 】
http://sowlvillage.com/sowl-village-2019-chronicles-interview/


メインフロアのフィナーレはLIVE SHOWから、ゲストショーへ。バンドセット×RAP×DANCEの実験的なライブは長年のキャリアとお互いの信頼あってこそ。明らかに他のショーと一線を画すステージでした。

XXX-LARGE&HONGOU&YOSHIO

このメンバーのソロ回しだけでも大迫力なのに、さらに目まぐるしく構成が変化し続け、様々な組み合わせのルーティン、そしてラップとダンスの掛け合いなど自由度の高いセッションが次々と繰り出されて気持ちいいくらいに歓声が上がりました。

IMG_0617

IMG_0614

IMG_0622

ダンスショーのラストは、HMS from WAKAYAMAIMG_0717
NOBBYさん率いる和歌山のHomies NEXT DANCE SCHOOLの大所帯クルーによるショーは思わずニヤっとして声をあげてしまうようなFunky&Pieceなバイブスをお届け。大トリにふさわしいショーでした。通路やトイレ、そして楽屋まで。会場内のいたるところにまかれていたHomiesの周年イベントのフライヤー。会場にいた方は一度は目にしたのではないでしょうか?(いい意味で油断も隙もないところがまたかっこいい…笑)

 


 

そして時間の都合上、30分しか残っていませんでしたがメインフロアのClose DJはレペゼンGAGLE、DJ Mu-Rさん。最後の最後まで贅沢な時間でした。

IMG_0635

音が止まって、照明が上がっても諦めの悪いクラバーはフロアでkeep on drinking.

IMG_0644

そうやってマンモスパーティ、SOWL VILLAGEは幕をおろしました。
(なんとか最後の方まで写真を撮ったり、様子を覚えておこうと思ったのですが、お酒をご馳走になったり、疲れと眠気が押し寄せて来たりで朦朧としており、最後の方は細部の記憶が途絶えてしまっています。申し訳ありません…)

OpenからCloseまでが本当にあっという間で、もっと話したい人も、もっと聴きたい音楽も、もっと見たいショーもあったのに!と、物足りなさを感じました。(例えばCLUB AREAでのMCバトルは自分は見れなかったり…)

TARO SOULさんのEverytimeという曲の中で

「『後の祭り』って言葉はきっと、祭りの後の虚しさがヒント」

というラインがあるのですが、僕はいつもパーティの帰り道でこの言葉を思い出します。
そんなこんなで会場を後にしました。


誰もが知る大御所ダンサーから若手ダンサーまで。そして北は北海道、南は沖縄まで。年齢的にも地域的にも幅広いプレイヤーが集まるイベントはそうないでしょう。実際に自分も、様々なダンサーやアーティストの方とお話をさせていただく機会となりました。そしてジャンルの垣根を超えた実験的なコンテンツを目の当たりにして(MONJU×sucreamgoodmanのコラボ、福助さんvsTENPACHIさんのバトル、Cro-MagnonとHONGOUさんのセッションなど)このカルチャーはアイデア次第でもっともっと可能性が広がることがわかりました。

出演者の皆さん
遊びに来られた皆さん
そして何と言っても
SOWL VILLAGE主催の皆さん
本当にお疲れ様でした!

IMG_0719 2

購入したMIX CDを聴きながら、もう少し余韻に浸りたいと思います。

Seiji Horiguchi