R0029832

2018City Attackゲストダンスショーチーム紹介①

FRESHの受付横に一ヶ月ほど前から現れたCity Attackまでの残り日数を表した日めくりカウントダウン。

IMG_7673

見る人によって
「もうすぐか!!」とワクワクしたり
「もうすぐか!!」と焦りを感じたり
感じ方が変わる不思議なアイテムです。
(両方感じる人もいるでしょうね!)

各クラスのナンバーに参加される方はレッスンにてリハーサルが始まり、
ジリジリと緊張感も高まってるのではないでしょうか?^^


 

さて、近年、恒例になりつつある、「キャスト紹介ブログ」、始めます!
4回にわたって、豪華ゲストダンスチームの紹介をしていきます!
第一回目のCity Attackから長く参加いただいているチームもあれば
今回初めて出演いただくチームもあったり。
改めて各チームのチェックをしていただきたいと思います。

間違いなく言えるのは、例年にもまして濃ゆいチームが集結するということです。「爆濃ゆ」です。
※爆濃ゆ…爆裂的に個性が濃ゆいという意。関西を代表するダンスチームが一堂に会する時などに使う。さっき適当に作った言葉。

早速参りましょう!!(紹介順はA to Z)


 

◉Aya Ifakemi Yem+michi+rackstonechiaki

VILLAGECAMP-488

今年の夏にアメ村Club Jouleにて開催したVillage Campでも
予想不可能な展開と、スリリングなバイブスで脳裏にやきつくショーを見せつけてくれたこの3人が再び登場。
アフリカンをこよなく愛すジャパニーズリビングレジェンド、Aya Ifakemi Yem(アヤ・イファケミ・イェン).
そしてReggae、HIP HOPのバックグラウンドを持ち、音楽性とエナジーでオーディエンスの心をつかむmichi.
そしてReggae発祥国、ジャマイカにて開催されている政府主催のダンスコンテスト
「WORLD REGGAE DANCE CHAMPIONSHIP」にて日本人として優勝を果たしたCHIAKI.
普段のフィールドこそ異なれど、互いのスタイルに共鳴しあい踊り合うビッグすぎるお三方のショーは必見デス。


 

◉BEASTY

VILLAGECAMP-383

AI,HIDEMIからなる、妖艶な2人組GIRL’S HIPHOPチームといえばBEASTY(ビースティー)。
大胆な衣装と表現力で見るものを固まらせてしまう、罪な二人。
踊りのスキルだけでは決して出すことのできない出せないムーディなバイブスが会場を一気にBEASTY色に染め上げます。
昨年は今、日本最重要フィメールラッパー、Awichさんの曲を大胆にmixした音源で、
その色気に一段と磨きがかかったショーを披露してくれました。
「Beauty and The Beast(美女と野獣)」??いやいや「美女かつ野獣」!!
そんなSEXY&WILDなチームです。


 

◉BOO-YA

cityattack17-1660

MA-NA、AKANEからなるGIRL’S HIPHOPコンビ。
常に新しいものに目を光らせつつ、現行のHIP HOPのムーブメントを”BOO-YA味”に料理してしまうハイセンスな作品作りに定評があります。
お2人とも、パーティダンサーとしても、バトラーとしても、ショーダンサーとしても常にシーンの前線に立っている「攻めたダンサー」。
ティーンの頃から酸いも甘いも共に味わってきた2人の阿吽の呼吸はちょっとやそっとでは崩れることはありません。
活動の長さや活発さから、とてもファンの多いチームですね。今年はどんな”BOO-YA味“を楽しめるのか。


 

◉BOUNSTEP

befcd8d3

本日ラストに紹介するチームはCity Attack初登場、日本HOUSE界屈指の個性派コンビ、BOUNSTEP!!
ゆりっち、KAZUKIYOは共にバトルにおいてもコンテストにおいても若くからその才能を開花させ、
今では次世代の育成にも力を注いでいます。
大胆なリズムの表現、いぶし銀なステップ、爆発力のあるソロ…
どれをとっても他を寄せ付けないダンス観を見せつけてくれます。
ついに、City AttackでBOUNSTEPが見られるとは…。感激です。


 

今日はここまで。
たった4チーム紹介しただけですが、すでに「爆濃ゆ」が止まらないです。
次回もお楽しみに。

 

Seiji Horiguchi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">