カテゴリー別アーカイブ: インストラクター

スクリーンショット 2018-12-29 20.19.43 のコピー

これまでのFRE$Hインタビューのパンチラインを振り返る。(後半戦)

FRESH DANCE STUDIOでは、好きなことと向き合う力や新たなアイデアに出会うきっかけを作っていただくべく定期的にダンサーやアーティストにインタビューを行い、そのライフスタイルや活動の内容などを紹介しています。

スタジオスタッフをしながらダンサー/ライターとしての活動も並行して行なっている僕、セイジが
このインタビューシリーズに関わらせていただいてから はや2年半。実に12名のアーティストにお話を伺ってきました。

どなたのお話も本当に素晴らしく、鳥肌が立ったり、涙腺が緩んだり、背筋が伸びたりと様々な回がありました。その中でも特に皆さんに紹介したいと思う名言(パンチライン)をセレクトするという企画。

本日はその後半です。

※前半戦はこちらから↓

これまでのFRE$Hインタビューのパンチラインを振り返る。前半戦。

https://freshdancestudio.com/blog/2019/08/%e3%81%93%e3%82%8c%e3%81%be%e3%81%a7%e3%81%aefreh%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%92%e6%8c%af%e3%82%8a/

前回のブログでも書いたのですが、できることならインタビュー全文を読んでいただきたいですし、心に響くワードはもちろん以下にあげるものだけではありません。人によって琴線に触れる言葉というのは違うはずですので気になった方は時間のある時にぜひ過去のインタビューもご覧ください。

FRESH DANCE STUDIOロングインタビュー記事一覧

https://freshdancestudio.com/news/longinterview.html

それでは、早速。


 

MIO & MAHINA

ee8f28ed100c688a88616714f265d051

インタビュアー –「GIRL’S HIP HOP」というMIOさんの一面は、MAHINAさんとのユニットでは、なくなりますよね?例えば衣装一つとっても、肌の露出が、二人のユニットでは少なくなるイメージがあります。

MIO — なんというか、エミちゃん(MAHINA)がGIRL’S HIP HOPに寄せてしまうと違和感がある。うまく言えないけど…エミちゃんがエミちゃんじゃ無くなるねん(笑)

MAHINA — MIOさんとユニットをするとなった頃にMIOさんが「ここは出したくないんよね」と言ったのにほっとしたのを覚えています。MIOさんのいう”隠す美学”については私もとても共感できる部分があって、「隠していても内側から見える色気」に惹かれます。ナチュラルに出る色気だったり、女性らしさを大事にしたいですね。外見も当たり前に大事だけど、無理しすぎると違うというか。そういう感覚は共通しているなぁと、この3年一緒に踊ったり話したりする中で感じてきました。

✍️✍️✍️

大阪をはじめ日本各地でショーやWSを行うMIOさん、MAHINAさんのお二人。ここでは「隠す美学」という部分について話していただきました。ここは自分も非常に共感する内容で、性別に関わらず色気を感じたりショーにグッと引き込まれる時というのは、外見的なものよりも内面的な性質やオーラのようなものが作用してるんじゃないかと常々思うわけで。もちろんMAHINAさんがおっしゃる通り「外見も大事」ではあるんですが、そこに中身がともなって初めてオーディエンスを引き込むショーになるのではないか、と。
それからFRESHインタビューでは、ほぼ毎回「ダンスのスタイルは異なっていても、人として重要な部分を共有していれば魅力的なチームになる」という話になるのですが、「根底の部分の感覚を共有できる」と話されたMIOさんMAHINAさんは、それをより明確にしてくださいました。


 

CHEKE(HEX BEX)
837115d019dd93c5e397869f4a52786d

Youtubeとかインスタで一個だけ動画見て「あ、今これが新しく流行ってるんや」って真似してまう人と、音とか踊りが大好きで、自分のかっこいいって思うやつを探しまくって自分に響いた踊りを真似する人とでは、全然違うと思う。言い方が正しいかはわからんけど、90’sのステップにしろ、今の流行りのムーブにしろ、ある程度までは「切り取り貼り付け」でできるやん?第一線でやってる人も落ち着いて見たら結局「切り取り貼り付け」やったりするんやけどそのやり方がかっこいい。ニュアンスが全然違ったり。

✍️✍️✍️

ここでは、現行のHIPHOPをチェックし続け、自分の中に取り入れるということの難しさについてCHEKEさんに話していただきました。「流行っているからやる」と「めっちゃ好きだからやる」の違いについての話はとても興味深い内容でした。もちろん楽しむ方法というのは自由に与えられるべきものなので「こうしなければいけない」という決まりはないです。しかし、楽しむということに、”教養”が加わることこそが、ダンスをより高い次元の娯楽にする鍵ではないでしょうか?
このインタビューの翌日にちょうどCLUB JOULEでCHEKEさんのショーを拝見したのですが、「インタビューでおっしゃっていたことはこういうことだ!」と腑に落ちたというか、改めて衝撃を受けました。


 

oSaam(sucreamgoodman)
e86df7286ba483d8215c290227c78f13

(チームのDVD作品である)LINKSというものをやろうってなって、その時に初めてチームメイトと向き合ってんな。それまでは、言葉で伝えなくても(チームメイトが)自分のこと理解してついてきてくれるもんやと思っててんけど、実際は全然ちがくてわかってもらえないことが多かった。でもそれは自分が言葉足らずなだけやってんな。相談もせず、決めたことだけを報告するとか。自分が伝えようとしないとみんな理解してくれへんねやって。そこからちゃんと伝えるようにしようって思った。

✍️✍️✍️

sucreamgoodmanの映像作品「LINKS」。NYで撮影を行うにあたってチームメイトとのコミュニケーションがスムーズに取れず、はじめは苦悩したとoSaamさんは話されていました。仲の良い友達との間で、重要な説明や自分の感情を表す言葉をついつい省いて(もしくは省かれて)失敗してしまうことは、僕自身も何度もあるのですが、そんな経験がoSaamさんにもあったということが意外でした。チームメイトや仲間と作品をクリエイトしたり、プロジェクトを企画したりする時、そしてもちろんショーを作る時もいかに自分のやりたいことや方針を伝えるか、が重要だと。
今年の春にドロップされた「LINKS2」では、そういったわだかまりもなくスムーズに制作できたようです。(まだご覧でない方は是非LINKS1,2を比較して欲しい!そして意見を交換したい!)


 

METH(XXX-LARGE)
1588ced8a704f8d989ff20e33f0a0713

「田舎に住んでるけど、地方に呼んでもらえるようなダンサー」のモデルケースになろうと思った。そうなれば、他の人も「ダンスするなら東京か大阪」っていう考えからもっと視野が広くなると思って。そういう影響の与え方もできるかな、と。

✍️✍️✍️

XXX-LARGEメンバーとして東京のアンダーグラウンドの最前線で活動されていたMETHさんは2011年の東日本大震災を機に地元である北海道は斜里へ戻られました。都市部に比べて環境は決して良いとは言えない状況の中で、ダンサーとしての活動も継続し、JUICE Recordsを設立してオーナー、あるいはデザイナーとしても活動を行いながら生活をするのは並の努力ではなかったはず。
僕自身ももともと、長野県の松本市というところからダンスをするために大阪へ出てきた身なので、ローカルでサバイブするという選択を行ったMETHさんの覚悟と行動力には本当に感服しました。
それと、個人的に今年は東北や北海道のプレーヤーと繋がる経験もあったりしたので都市部とローカルの違いについてよく考えます。


 

以上でインタビューの名言紹介は終わりです。
前回の記事でも何度か書きましたが、結果を出している方の言葉というのはスタイルやジャンルやエレメンツを超えて響くものがあるのではないでしょうか。紹介した言葉のうちのどれかが、胸に残って皆さんの生活のどこかのヒントになればこれ以上の喜びはありません!
今年も残り4ヶ月ほどとなりましたが、現在新たなインタビューもじわじわ企画中。そちらも是非注目いただければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Seiji Horiguchi

IMG_4421

これまでのFRE$Hインタビューのパンチラインを振り返る。(前半戦)

8月も終盤に差し掛かり、もうすぐ9月。甲子園の決勝が終わるのを待っていたかのように、一気に気温は下がり、かなり過ごしやすくなってきました。
読書、音楽、食欲、スポーツの秋などなど、生活が豊かになる季節。

と、いうことで今回は「読書の秋」にちなんで、

過去のFRESHインタビューのパンチラインを紹介しよう

のコーナー。
(まあでも厳密には「書」ではないですね。いつかはインタビューをまとめて紙媒体にしたいと思っています!)
ちなみに「FRESHのインタビューって何?」という方はこちらをご覧ください。
IMG_4421

FRESH DANCE STUDIOプレゼンツ
インタビュー記事一覧

https://freshdancestudio.com/news/longinterview.html

今までに僕がFRESH名義でインタビューをさせていただいたのは12名のダンサー/MC/グラフィティライター/ビートメイカーの皆さんです。その中でもダンサーの方の回にフォーカスして、特に心に残っている言葉を紹介したいと思います。
(全部で8回分あるため、本日は前半の4回分を紹介します)

 


 

もちろん本当はインタビュー全文をチェックしてほしいですし、その時の軸となるテーマとは関係のないような何気ない言葉に力をもらうこともあります。
(僕はインタビュー記事の醍醐味はここにあると思っています)
ですので、気になった方のインタビューがあれば、お時間のあるときにでも本編の方を一読いただけると嬉しいです^^

それでは、早速。


 

MAKOTO(MIDDLE FILTER)
e49ebcbbdc9db47937cc62eb3b8763cf

MAKOTO : ダンスイベントやスクールが増えて、入り口が広くなってる一方で、「こだわる部分がある」という事を皆が認識してほしいな。最近は「これや!」っていう衝動がない人とか、(あったとしても)薄れてる人が多いと思うねん。好きでダンスをしてるんなら、その衝動にもっと素直になってもいいんちゃうかな。(中略)「これ」っていうものに絞ったほうが深いとこに行けると思う。そうやって貫いた方がかっこいいし。

✍️✍️✍️

長年に渡って90’sのスタイルを追求し、さらに自らのフレーバーも織り交ぜながら今の時代に発信し続けるMIDDLE FILTERのMAKOTOさんがこの言葉をおっしゃるという意味。凄まじい説得力がありますし、ダンサーだけではなく、好きなことに向き合っている人全てに当てはまることではないでしょうか。
ずっとやってるとうまくいかず、「なんでこんなことしてるんだろう」とネガティブに考えてしまう時もあるかもしれませんが、そういう時こそ原動力というか「ここが好き!」というポイントに正直になるべきなんだと再確認しました。
自分はこの時、初めてインタビュアーを務めるということでガチガチに緊張していたのですが、MAKOTOさんのリラックスされた姿と熱い話に、気づけば夢中になっていました。


 

MTE
6617fcfd5f94292930f043637b723a8d

MTE : 言ってしまえば“JAZZ”でもないし”HIPHOP”でもないし(中略)自分が踊っているダンスのスタイルに対して「自分はこういうダンスをしてます」と言葉で説明が出来ないことが苦しかったりしましたね。でも、ジャネットのバックダンサーの方たちって私から見たらすごくHIPHOPなんです。バレエもジャズのボキャブラリーも持ってるダンサー達でしたけど、HIPHOPを感じましたね。色々な感情と戦い、気が付いたら自分のダンスを説明する時に「MTEスタイル」と言うようになりましたね。「私は私です」って感じ!

✍️✍️✍️

既存のジャンルに当てはまらないことでスタイルが理解されず、悩んだMTEさんでしたが、それでも自分のスタイルを貫くというハートの強さと、最終的には、他のどのジャンルでもない「MTEスタイル」と言い切ってしまうかっこよさがここに表れています。「日本人はなんでもカテゴライズしたがりすぎ」という話がありますが、言葉で分類分けすることには確かにデメリットもありますね。(レッスンのジャンルを確実にカテゴライズしなければいけないダンススタジオのスタッフとして、ジレンマを感じてしまいます…)どの時代も分類としての言葉は後から付いてくるもの、ということを我々は覚えておく必要があるのかも。


 

REIKO(OUTSET)
3e771f98326d632fc903a886181a05d9

(パーティオーガナイズをする際に意識していることについて)
REIKO : 自分は極力、出演はしないようにしています。来てくれて「ありがとう」と何かあった時の「ごめんなさい」を言う人。その状況にさせてくれているのはスタッフですね。お金の計算をやってくれたり、細かい部分をケアしてくれる子がいたからできました。というよりいなかったらそもそもイベント自体もやってなかったと思います。スタッフの子も「REIKOさんはイベント当日は『ありがとう と ごめんなさい』を言う人だから」というスタンスで動いてくれています。

✍️✍️✍️

もう「先輩!」というより「親方ぁ!」と叫びたくなるくらいの器の大きさ。REIKOさんのかっこよさが、まざまざと感じられる内容でした。イベントのオーガナイザーに限らず、何か集団のトップになるということはこういうことなんじゃないかなぁ。そうやって、何かあった時は動いてくれる先輩がいるからこそ、その下のスタッフの方々も信頼して頑張れるのだと思いました。THE・安心感ですね。
もちろん「細かな仕事をスタッフに任せっきりにする」という意味ではありません。「オーガナイザーをするなら、何か一つの部分をよく知ってるだけでは無理だと思います。(イベントを)まとめる人は幅広くいろいろなものを見聞きして考えていないといけない。」ともおっしゃっていました。親方ぁぁ!


 

KAZUKIYO(BOUNSTEP)
0359b6d07945f873aeabc50b9a061c59

KAZUKIYO : 自分も入りはバトルじゃなかった。THE GAMEの1回目に出た時に気づいた。あの場で、「踊り合う」ということを学んだというか。(中略)それまではクラブで揺れてはいたけど、誰かと向かい合って踊ることはなかった。THE GAMEに出て初めて「こういうのがクラブでもあるんだ」って気づいて。そこからは誰かれ構わずバトルを仕掛けるようになった。それがバトルの入りやね。

✍️✍️✍️

そもそもバトルというのはクラブで自然発生的に起こっていたものだし、何より対話(セッション)の要素が強かったと話すKAZUKIYOさん。相手との高め合いこそがナイスバトルになる、という当たり前なようで難しい部分を話してくださいました。
確かに、観客全員が総立ちになって大歓声が湧くようなバトルは、バトラーがコミュニケーションを取りながら踊っているものが多いですね。
ちなみにTHE GAMEの第1回目の話は初回のMAKOTOさんのインタビューでも出てきました。予選サークルは、かませないダンサーがいたら速攻 次のダンサーがそれを押しのけて出てくるという状態だったそう。こわ!


 

今回はここまで。前半だけで、もう濃厚すぎてここまでだけでも消化するのに時間がかかりそう。(半分で区切ってよかったなぁ)
読んでくださった方にとって何かヒントになったり、シンプルに「頑張ろう」と思えるきっかけになれば幸いです^^

次回、後半戦では

・MIO&MAHINA
・CHEKE
・oSaam
・METH

の4回の力強い言葉を紹介したいと思います。お楽しみに。

Seiji Horiguchi

New Lesson!!LAから帰国するayana。HYP2人がFRESHに揃う。

別れもあれば出会いもある季節。春。
花粉で目鼻が壊滅状態になる季節。春。
暁を覚えず惰眠をむさぼってしまう季節。春。
僕の住んでる大国町ではぼちぼち変態が出没する季節。春。

いずれにしても
少なからず周りに何か変化が起きやすいシーズンではないでしょうか^^
それはFRESH DANCE STUDIOにとっても同じです。
2月3月いっぱいで終了するレッスンもあったりで寂しいのですが…
本日は4月からFRESHで新しく始まるレッスンの情報をお届け。

NEWインストラクターは…

HYPのayanaさんです!!

2019-04-ayana-POP-insta

関西を中心に活動を続けたのち、2017年、単身LAへ。
そこでダンスをはじめ様々な経験を経てカルチャーを吸収したのち、
この春に満を辞して帰国。
旬なHIPHOP MUSICを独自のフィルターを通して
パワフルかつ繊細に表現する”ayanaスタイル“にはファンも多く
ショーケース、ナンバー、ゲストショーと、日本にいる間から引っ張りだこでした。

そんなayanaさんの唯一無二なスタイルに、
ストリートダンスの本場LAで磨きをかけ今に至るというわけです。

彼女のインスタグラムを見ても
その常人離れしたファッションセンスと音楽性がわかるはず。

https://www.instagram.com/ayana_hyp/

本人からもFRESHでのレッスンが始まるにあたって
以下のようなコメントをいただいています。

ストレッチ→筋トレ→アイスレーション→振付
の順番でゆっくり丁寧に教えていきます。
初心者の方でも 全然大丈夫です!
一緒にダンスと音楽を楽しみましょう!!
ハイテンションの子 待ってます!!


 

さて、ayanaさんがFRESHのインストラクターになるということは
どういうことか…。そう。

HYPの2人がFRESHインストラクターに揃ったぞ。

shinko36

ayana-image1

Village Camp、City Attackなど、これからのFRESH主催のイベントも楽しみですね!


 

ayana(HYP)

【プロフィール】
SHINKO ayana からなるイカツさ、女らしさ、パワフル、を兼ね備えたfree styleフィメールチームの1人。関西を中心に、様々な舞台やCLUBにてショーケースを行い、バッグダンサー、振付師やファッションショー、ヘアショーのモデル、個人では イベントのオーガナイズ、ファッションデザイン など幅広く活動中!2017年から約2年間 ダンストレーニングのため Los Angelesに単身留学し、数々の有名ダンサーのクラスを受講し スキルを上げて 2019年に帰国。

【経歴】
●street dance battle fes [DDD]jazz battle 部門 準優勝
●第二回 jazzy battle 優勝
●OUTSET 舞台 『chois is yours』
●舞台 『DANCE SQUEARE』
●kansai dance award best dresser特別賞 (HYPnumber)
●sweet riciors バックダンサー
●TRUE SKOOL 2015年2月度 3位(HYP)
●東方神起LIVE TOUR2015~WITH~ ダンサー出演
●LEGEND大阪予選大会 奨励賞(HYP number)
●SUMMER SONIC 2015 ダンサー出演
●2015年 関西コレクションSS @ 京セラドーム 出演(HYP)
●2017-2019 LA単身留学


 

詳しくはこちらのインストラクターページをチェック!!

https://freshdancestudio.com/instructor/hiphop/ayana.html

この春、新しい風が関西に吹く事でしょう!!

Come on,Spring!!!!!

Seiji Horiguchi

参加クラス決定!!!

   おはようございます!

    CITY ATTACK    参加クラス 決定

2018CITY-ATTACK-出演クラス一覧-01 2018CITY-ATTACK-出演クラス一覧-02

今年も最高の音楽の場所を作らせて頂きます⭐︎

参加申し込みの受付もさせて頂いておりますので

参加される方は参加クラスのインストラクター、受付スタッフ確認、お問い合わせの上

お申し込みの方宜しくお願い致します⭐︎

皆さんお疲れ様でしたー!!!

  ビレキャン!!!

最高に終われました!!

私カメラでスナップ少しだけ!!アップ!
(スマホカメラで写り悪くてすいません)

IMG_20180716_191130_508
20180715_154122
20180715_163337

ホルモン炒め丼もタコスもどちらも美味しすぎました⭐︎

20180715_155846
20180715_160101
20180715_162129
ビレキャンの名物になりそうなイントラバトル!!!
勝者は女性陣チームでした⭐︎
20180715_173812
火曜日のB−BOYも遊びに来てくれたyo!

20180715_172025
20180715_174238
20180715_172520
可愛いすぎたキッズ⭐︎
Sサイズもありますよー!!!
20180715_175044 のコピー
20180715_170441

20180715_173328
20180715_183316
20180715_200107

1531821807659

最後は恒例 DYさんのお誕生日のお祝いで毎年締めるのですが
  HONGOUさんがオイシイとこ持って行ってしまいましたね♪笑

ざっと雰囲気だけ届けられましたでしょうか!

カメラマンさんからの⭐︎写真待ってて下さいね!!!

IMG_4707

2018Village Campキャスト紹介そのⅡ~ゲストチーム②~

2018Village Campのキャスト紹介、今回はその第二弾です!

前回の記事はこちらから。

https://freshdancestudio.com/blog/2018/06/2018village-camp%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E7%B4%B9%E4%BB%8B%E3%81%9D%E3%81%AE%E2%85%A0%E3%82%B2%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E2%91%A0/

早速ゲスト紹介、参りましょう!


 

HEX BEX

90年代の登場以降、ホームである大阪を中心に、日本のHIPHOP水準を大きく押しあげたチーム。
日本をところ狭しと巡るだけではなく、アジア圏にもその名を轟かせており、
彼らのスタイルに影響された後続のダンサーが今でもあとをたちません。

DJ、グラフィティライター、MC、音楽家など、他エレメントとの実験的なクリエイト活動も
積極的に行っています。

keiko+manami

大阪が生んだ”THE NATURAL STYLE”のHOUSEダンサー。
Pulsecode よりkeiko、そして若手筆頭の 毛利と猪木 よりmanamiがユニットを結成。
無理をしないかっこ良さ。難しいことを何気なくやってのける渋さ。
そんな共通事項がこの二人の間には存在します。
ありそうでなかったこの組み合わせはファン必見です。

 

Manijyu

HIPHOP,Soul,Tahitian(タヒチアン)など様々なダンスを根底に起きつつ
全く新しいスタイルが2年前、突如として大阪に現れました。
彼女達の、斬新でいてどこか懐かしいスタイルは多くの人の心をつかみ
各方面のコンテストでも入賞を飾っています。
今年6月のTRUE SKOOLでも、準優勝を獲得。

海のそこで祈りを捧げているような心地良いダンスは、穏やかながら見応えがあります。

MO★JO

現行のHIPHOPをいち早くキャッチし、自分たち色でアウトプットするのは
SHIZUKA,Yukkiiの二人組。

あっと言わせる意外性のあるファッションと、
安定感のあるコレオは思わず歓声をあげずにはいられません。
大阪でも非常にファンが多いチームの一つ。

MTE×TAKENO

ダンスを軸に独自の表現を行うほか、ダンスやヨガの要素を取り入れたセラピーにも取り組むなど、
ダンスの可能性を広げる活動を展開しているMTE,
そしてコレオグラファー/DJ/デザイナーなど、様々な顔を持つTAKENOの2人の爆弾級のユニットが数年ぶりに実現!!
WORK SNAKERと、MTEのユニットのショーを目撃したことのある方にとっては
ガヤを入れずにはいられないショーになることでしょう。

異色なようで、不思議としっくりくるダンサーの化学反応をお楽しみに。


 

徐々に、本番までの残り日数も少なくなってきましたね!
キャスト紹介そのⅡに続く…。

https://freshdancestudio.com/blog/2018/06/2018village-camp%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E7%B4%B9%E4%BB%8B%E3%81%9D%E3%81%AE%E2%85%A2%E3%82%B2%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E2%91%A2/

IMG_4707

2018Village Campキャスト紹介そのⅠ~ゲストチーム①~

本日より、Village Camp2018のキャストをこちらのブログから紹介させていただきます。
題して

「全員が主役!ビレキャンキャスト紹介2018」

FRESH DANCE STUDIOのインスタグラムでも、順番にムービーで紹介させてもらっていますが、
もう少し1つ1つのチームについて知りたい!という方のために
Village Campに出演いただく豪華キャストのみなさんについて、
もう少し踏み込んで紹介させてもらいます

記念すべき第一回目の本日は、いきなりではありますが、ゲストチームの紹介から。
Youtubeでの動画もまとめているチームもありますので、
ショーの予習がてら参考までにご覧いただければと思います^^

Aya Ifakemi Yem+michi+rackstonechiaki

関西でAfrican Danceといえばこの方、Aya Ifakemi Yem.

そしてFRESHインストラクターとしてもおなじみの
michi、CHIAKIの3人が満を持してユニット結成。

African,Reggaeといった異なったルーツを持つ彼女達。
人が踊ることを始めた時代と変わらない、
まじりっけのないダンスへの愛、音楽への愛を表現してくれるでしょう。

BEASTY

AI&HIDEMIからなる人気GIRL’S HIP HOPチーム。
梅田ピカデリーのマンモスパーティ、”NOVEL”でも、毎週大活躍中です。

見た目の美しさ(BEAUTY)だけではなく、野生的(BEAST)なバイタリティも併せ持っているBEASTY.
女性の元来持つ”艶やかさ”を前面に押し出した「大胆すぎ」とも言えるショーが会場を熱くします。

DONUTS

大阪アンダーグラウンドの代表格といえばこのチーム。
TAA,Ryu,SAKUの3人はそれぞれの全く異なるライフスタイルを武器に
多角的に黒さを追求。HIPHOPへの愛情と音の表現のこだわりは人一倍です。

emanua

MAHINA,MAYUMINからなるフィメールHIPHOPチーム。
長年チームメイトとして寄り添った2人が織り成すショーは、
もは神聖な雰囲気すら感じさせ、オーディエンスの感情を揺さぶります。
※ヘブライ語で”Emmanuel”は「キリスト/救世主」をさします。

gang gang gyal + YC.B + kiho tyler

大阪道頓堀のど真ん中のクラブpureで毎週水曜に開催されているフレッシュなパーティ
“Dirty Talk”にてその美しさを放つのはこのダンサー達。
ファッション・音楽性・ダンス。全てにおいて他を圧倒し
時代を牽引するフィメールダンサーと言えるでしょう。

29496163_2069544343330565_8025377873180149739_n

29496292_2069555529996113_6023181704162514590_n

29541372_2069555696662763_1315564611355459263_n

今回はここまで!

2018Village Campキャスト紹介そのⅡに続く…。

https://freshdancestudio.com/blog/2018/06/2018village-camp%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E7%B4%B9%E4%BB%8B%E3%81%9D%E3%81%AE%E2%85%A1%E3%82%B2%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E2%91%A1/

プロモ用-2000×1332−01

名実ともに最高レベル。HOUSE DANCER GENKIのレッスンが7月よりFRE$Hにてスタート。

 

FRESH DANCE STUDIOという場所は、
その特徴としてHIP HOPカルチャーと結びつきの強いスタジオだということは
スタジオ内外ともに共通した認識が存在するのではないでしょうか。

現に先日もスタッフの中でアンケートをとったところ、
7人中7人が「HIP HOPのイベントが好き、もしくは主催したことがある」
回答しました。
(実際にそのようなアンケートは実施していませんが、事実そうです)

さらにそう回答したスタッフの中でも
半分以上のスタッフが「また行きたい、もしくはまた主催したい」と回答しました。
(実際にそのようなアンケートは実施していませんが、事実そうであって欲しいです)

それほどHIP HOPのカルチャーに馴染み深いと言えます。
しかし、今日お伝えしたいのは

「レッスンはもっといろんなジャンルあるんやで」

ということ。
HIP HOPとの結びつきが強い=HIP HOP以外のジャンルとの結びつきが弱い
と考えるのは、軽薄すぎるというもの。

FRESHには本当にバラエティ豊かなジャンルのクラスが集っています。

BeautyPlus_20170122202258_fast
REGGAE,HOUSE,BREAK,POP,そしてカポエラまで。
そしてその幅の広さも、日々アップグレードされています。

そんな中、今年の夏からレッスンスタートが決定したダンサーが一人。
東京から神戸に拠点を移された、GENKIさんです!!!

東京のHOUSEシーンの第一線にたち、伝説のHOUSEクルーPYROのメンバーとして
そのスキルと生き様を、20年に渡り磨き続けたGENKIさんが
今年に入り、心機一転、関西で新たに活動をリスタートされます。

GENKI-LESSON

レッスンスタートにあたり、GENKIさんにコメントをいただきました。


関西では新参者です。
共に学び上がって行きましょう。


スマートさがにじみ出ている…。

今からとても楽しみです!!!
HOUSEに馴染みのない方も、普段はHIP HOPを踊っているというあなたも。
一度彼のレッスン、受けてみませんか?

GENKIさん(from PYRO)のレッスンは毎週木曜18:30~20:00!!!


 

■レッスン詳細■

インストラクター  :  GENKI
チーム名  :  PYRO(パイロ)
日時  :  毎週木曜日 18:30 – 20:00
クラス  :  HOUSE 初級

■GENKI プロフィール■

 

・所属チーム/PYROGENKI
昨年、活動20周年を迎えたPYROのメンバー。
質の高さが際立つステップ、時折見せるアクロバティックかつトリッキーなムーヴ。その爆発力と共に、緩急色気を放つそのスタイルは決して見る者を飽きさせない。
国内外問わずWS、バトルジャッジ、ショーケース等をこなし絶えず活動を広げている。
また、NY産まれで世界中にそのムーブメントが広がっているパートナーダンス New Style Hustleを日本でも広めるべく、パーティーHustle Break Tokyoをオーガナイズ。New Style Hustle Kobe等、コミュニティ活動も積極的に行っている。
20年以上のキャリアを持ち、ソロダンス・パートナーダンスを自在に踊りこなすストリートシーンにおいても希少なダンサーである。

■経歴■

00‘ Fight Club Solo Battle優勝
11‘ Juste Debout Japon準優勝
12‘ WORLD DANCE COLOSSEUM関東大会優勝
13‘ DANCE@liveKANTO優勝
14‘ PLB,NSB HOUSE5on5優勝
17’ ・Dreams Come True Live 2017-2018
【The Dream Quest】“秘密” 振付スタイリング
・EXILE USA/Dance Earth Festival 2017 WS
・TRF舞台「DANCE REPUBLIC」~The devotion~
出演・振付
etc…

いざっVILLAGECAMP!!!

7月15日Villagecampの為クラスのclose日が決まっております!!

20180515_182450
20180515_182515

すでにクローズしているクラスもありますので
ご確認の上お越しくださいませ< (_ _)>< (_ _)>
   ※[クローズ以降はvillage camp参加者のみの受講となります]

まだ!!!
申し込み日までは日がありますので
参加者募集していますヾ(*゚∇^*)ノ
「申し込み締め切り5月30日」

5月突入!!

GWは楽しんでますかーー⭐︎
さてそろそろと。
FRESHでは動きがあります!!
VILLAGE CAMPに向けて!
各class振付に入る頃ですね!

まだ決まっていないあなた!!
間に合います!!

♪申し込みは5月31日です♪

今年のビレキャンのフライヤーデザインも楽しみ〜♪

これまでのVILLAGE CAMP⭐︎

IMG_0920
IMG_0001

R0020033

R0020040