月別アーカイブ: 2019年2月

DSC04065

【30min interview】 DJ QUESTA NEW MIX CD “BLACK LABEL”リリース

2017年春に発足し、オンラインにてレコード/CD,DVD/アパレル/各種グッズを取り扱っているBETWEEN MUSIC STORE。大阪アンダーグラウンドにて長年活動を続けるDY&QUESTAの二人が仕掛け人だ。

http://www.betweenmusicstore.jp/

そんなBETWEENから不定期で発信されているmix CDシリーズの最新版が3月にドロップされるという情報が。初回はDJ DY、2作目はDJ SOOMA…と、毎回異なるDJの音楽を楽しむことができるmixとして話題となっているが、今回は満を持して(?)DJ QUESTAがselect & mixを担当する。

S__21045257
最新mixの内容とDJ QUESTAのキャリア、そしてDJingとの向き合い方に迫る。


 

QUESTA-04

—-よろしくお願いします。早速ですが最新版のBETWEENからのmixについて。QUESTAさんが担当することになった経緯を教えてください。

「HOUSEはまだ誰もやってないね」という話になって。自分は好きなHOUSE DJがいっぱいいて、どの人に頼もうか考えてたんやけど、DYちゃんから「それやったらヒロ(QUESTA)が出したらいいやん」て言われたから、ほな俺がやろかーって。

—-あっさりとした流れ(笑) 以前、DYさんとQUESTAさんを迎えて行った30分インタビューの中で、QUESTAさんは「ジャンルの縛りがないとmixを作るのが苦手」という話をされていましたが、今回は「HOUSE縛り」になったわけですね。

 

<DY&QUESTA 30min interview>05278bfc93433ce8459af47926d648db

https://freshdancestudio.com/news/details/167.html

正確にはジャンルというよりも、選曲する上での「テーマ的な縛り」が必要だと思っていて。

—-もう制作自体は終わっているんですか?

うん。今年の1月に体調を崩してダウンしてしまった時があって。家にいるけどなかなか寝れんくてやることないし、せっかくやったら(mixの)選曲もしてしまおうと思って。どちらにしろレコードはずっとかけてるし。2日で作りました。そういえば今までHOUSEでmix作ったことないね。

—-部屋でレコードをかける作業というか習慣の延長でmixの選曲もされたということは、今回のmixは全てレコードからの音源というわけですね。

そうやね。でもあまりアナログやからすごいとか、データやからどうとか、そこへの偏見はないかも。どちらにもいい点はあるし。レコードにこだわってるというよりも、めちゃめちゃレコードが好きというだけで。

DSC04072

—-寝込んでいる時間もレコードを聴いているあたりもまさに。

レコードを通ってきてる人と、データでDJをするところから入った人では、曲の捉え方が違うかもしれない。どっちにもいいところはあると思うけど。俺らは選択肢がレコードしかなかったけどね。

—-なるほど。ところでデジタルのDJが主流になり始めたのはいつ頃からなんでしょうか?

だいたい10年くらい前かな。自分が25,6歳くらい。serato(セラート)っていう機材が出てきて、みんな一気にそっちに流れた。
やっぱりレコードを買うというのはお金がかかるし。自分の働いてたレコ屋もつぶれたりして。
それでも一番レコードが売れない時代から、今は若干巻き返してるかなっていう感覚はあるけどね。若い子の中でもレコードを買う人が増えてきてたり。

—-他にも一周回って「カセットテープが渋い!」となったりも。時代は回る、ですね。

もちろんその流れはあるね。音楽もそうやけど。自分が高校生くらいの頃って、レコ屋で買い物してその袋を持って歩くのがちょっとしたステータスやったからね。
メジャーどころやったらmanhattan recordsとか。CISCO(シスコ)とかDMRとかやったら「あ、ちょっと渋いな」って思ったり(笑)

—-最初に熱心にレコードを集めだした音楽は?

もちろんHIP HOP。でも気づいたらHOUSEとか他のジャンルも集めだしたなぁ。いつからやっけなぁ。

—-いろんなジャンルの音楽をプレイできるDJというのは多いですが、QUESTAさんに関してはあらゆるジャンルに精通していて、そしてかっこいい。
例えばPROPSでのHIP HOP DJとしての一面もあるし、Monday Channelにもゲストで呼ばれるHOUSE DJとしての一面もあるし、あるいはテクノのパーティでも回されたり。そういうDJは少ないんじゃないかなと。

DSC04056

自分の完全なバックボーンはHIP HOPやねんけど、ちょっとあまのじゃくな所もあって。人とちゃうことをしたいというか。
レコード屋に出入りするくらいの頃にSTONES THROWが人気になってきてて。自分もMadlibの大ファンやし。
そうやってアンダーグラウンドのHIP HOPをいろいろ掘っていく中で自分の耳がどんな音楽でも聞けるようになっていったんやと思う。
そこでHOUSEも好きになったね。もちろんSoulとかFunkとかJazzとかReggaeも好き。
それから最初に働いてたDMRっていうレコ屋を辞めた後、NEWTONE RECORDSっていう店で働くねんけど、そこはいろんなジャンルの大好きなDJが働いてるレコ屋で。
そのDJがbuyingする音楽を自然に聴いてて。その中でかっこいいと思ったレコードを貸してもらったり。

<NEWTONE RECORDS>
https://www.newtone-records.com/

—-働く環境が重要だったと。

人からの影響はかなり大きいね。一人やと入ってくる情報も限定されてしまうけど、自分の場合はいろんな人からいろんなことを教えてもらってきた。
それに対して自分なりに良いところを見つけて楽しむ。自分は基本的にどんな音楽でも良いところを見つけることができるタイプやと思ってて。もちろんその中でも「好きかどうか」という基準もある。人がいいっていう音楽に対して「自分は好きじゃない」となる時もやっぱりあるし。そういう聴き方で、選(よ)って選っていろんなジャンルのレコードを集めてきたね。

—-普段、他のmixを作る時もだいたい2日ほどで完成するのでしょうか。

録ってからは早いねんけど録るまでが遅い、というか腰が重いね。でももっと気軽に「今はこういう音楽を聴いてる」というのを発信できた方がいいのかなとも思ってる。今回BETWEENからはHOUSEのmixを出すわけやけど、そうすると「最近はHOUSEしか聴いてないのかな」って思われたりもするので。

—-そんなことが…。偏った見方ですね。

そういう捉え方をされるのは嫌やね。mixで選んでいるのは、ごく一部のジャンルのごく一部のレコードなので。でも、だからこそいろんなジャンルのmixを作らないといけないのかなと思ったり。

—-今回のmixを拝聴して、前半がシックなイメージで後半が歌モノをはじめ明るい印象になったりと展開を感じられますが、内容的に何か意識したことは?

QUESTA-03

「DEEPにいきたい、でもそうなりすぎない」みたいな…駆け引き?(笑)
でも正直「HOUSE入門」みたいな位置付けで作ったつもりもなくて。クラブのフロアで聴くのと、普段聴く音楽の間をいくような。あんまり深いところに行くとみんな疲れるやろし、キャッチーにしすぎると普段聴いてる人からしたら物足りないやろし。そういうのが難しいねんな。

—-絶妙なバランス感覚が必要になりますね。先日DYさんから「今年はBETWEENのmixをいいテンポでリリースしたい」という話をうかがいました。確かに前回のDJ SOOMAさんの「GROUNDWORK」から4か月弱という短いインターバルを考えると期待も高まります。

Playground jacket

GROUNDWORKS jacket

これくらいのペースでいけたらいいかなぁ。一応もう次も声はかけて決まりつつあるよ。
個人的にもmixは今年は頑張って作りたいな。…けどこういうことを言うとまたハードルが上がるからやめとこ(笑)

—-楽しみが増えます。ところでmixというのはQUESTAさんの中でどういった役割を担っていますか?デモンストレーションのようなもの?

なんなんやろ。でも実際のパーティでのDJはまた微妙に違うやろし。
やっぱりパーティでは、クラブの雰囲気、遊びに来るお客さんの雰囲気、時間帯とか全部意識するしね。それに対してmixは録音物やから。自分を知ってもらうアウトプットの中の一つやね。

—-QUESTAさんは先ほども話したように様々なジャンルに精通していると同時に、繋がり方が尋常ではないというイメージがあります。大小様々なパーティ、フェスにも出演されていますし、また地域を飛び越えて各地のプレイヤーとの繋がりを持っている方だな、と。

いろんな音楽に興味があって、いろんなジャンルの好きなDJが今どんな音楽かけてるんやろっていうのに興味があるから、昔からいろんなクラブに遊びに行ってた。そしてもちろんNEWTONE RECORDSで働いていた経験も大きい。レコ屋ってほんまにいろんなレコードと触れ合う機会があってさ。
出会う音楽を最初に否定してしまえばそれまでやけど、興味を持って踏み込んで見れば新しい発見ができたり。逆にそっち側から見た時に自分が元々好きやった音楽にも再発見があったりするし。
今でも俺の知らん音楽を知っている人は沢山いるし、そういうのをもっと知っていきたいな。それを自分なりのフィルターを通して表現していけたら面白いよね。

—-1つのジャンルにこだわって追求する職人肌なDJも自分は好きですが「いろんな音楽に好奇心がある」というのはQUESTAさんの魅力であり能力ですね。

自分はやっぱり「レコードを売る、買う、かける」が好きなので。それをもっと続けていきたい。でも人の音楽に対して否定する気はないし、自分の良いと思ってる音楽がみんなにとっても良いと思える音楽とは思ってない。ただ「こういう音楽がある」っていう紹介はしていきたいし、そこから引っかかるものがあって広がっていけば素敵やし。


個々が自由に音楽を楽しむことを尊重すべきだと繰り返したQUESTA。
にこやかにラフにインタビューに応じながらも、確固たるバックボーンを感じさせる言葉選びや所作が印象的であった。肩の力が抜けつつも、音楽を楽しみ楽しませる彼の姿勢を見れば、ファンの多さにも頷ける。インタビュー中も、たまたま店内に居合わせた府外のヘッズとパーティの話に花を咲かせたり、これまた偶然遭遇したクラブスタッフと挨拶を交わすなど、繋がりの広さを感じさせた。
歴年のキャリアと音楽への飽くなき好奇心を持つDJの快進撃が今年も始まる。

QUESTA-01


<QUESTA(HOOFIT/BETWEEN MUSIC STORE) プロフィール>

QUESTA02

フロアの感覚と音楽的な流れに則って、時代、ジャンルに捕われない様々な音楽からダンスするグルーヴを抽出。パーティーに合わせた縦横無尽な選曲を安定感抜群のダンスグルーヴに纏め上げるプレイスタイルがコアなパーティーピープルやダンサー等を中心に、多くのミュージックラバーから信頼を集めている大阪のDJ。
現在は自身も主催に参加する『HOOFIT』、『PROPS』を中心に、大小、ジャンルを問わず多くのパーティーに参加し、大阪を拠点に県外や海外へも招かれる等、活動の幅を広げている。
またこれまでのレコード店勤務の経験を活かし、仲間のDYと共にレコード、CDの販売を中心としたオンラインショップ、BETWEEN MUSIC STOREを立ち上げ運営中。
日々フレッシュな音楽を探し求めながら底の見えない音楽の沼をゆっくりゆっくり遊泳中。


 

<DJ QUESTA’s SCHEDULE>

3/2 HOOFIT with DJ KENSEI at Compufunk Records
3/8 at INC COCKTAILS東京
3/9 TBA at Bahama Kitchen 東京
3/10 at INC COCKTAILS東京
3/16 Y.U.R.E…3 atBar Antonio加古川
3/17 day time RAWD2 at神戸ハーバースタジオ
night time Stones Throw Tour with Mndsgn at Noon
3/20 Superplume at Club Contact東京
3/22 at淡路島
3/24 ALTZ.P リリースパーティー at Socore Factory
3/26 Nostalgia 1st anniversary at Camon


インタビュー,文 : Seiji Horiguchi

IMG_9891

3月9日(土)10日(日)は濃厚HIP HOP weekend!!!

もうご存知の方も多いですが、3月9日(土)にbigなダンスバトル開催の噂が…。
関東発祥のアンダーグラウンド特化型のHIP HOP BEATS限定のダンスバトル
CHRONICLES“の大阪場所です!!!!

IMG_9891

IMG_9892

DJ、JUDGEも、さらにはGUEST LIVEもバッチバチのストリートたたき上げのプレイヤーばかり。
普段大阪のバトルではジャッジをすることは珍しいダンサーも満を持してのジャッジ参加。
おそらくこの日は全国から腕利ききのバトラーが集結するのではないでしょうか。
個人的には5年前のLOST BLOCK以来のヒリヒリ感の到来ではないか、と勝手に鼻息を荒くしてしまっています。

LOST BLOCK -OCTAGON BATTLE- EXHIBITION MC BATTLE 茂千代 vs 漢

https://www.youtube.com/watch?v=fcArBit_gYI

※LOST BLOCK : Club Jouleのフロアど真ん中に金網を張り、ファイトクラブばりの緊張感の中MCバトルやダンスバトルが繰り広げられた伝説的なイベント。


 

一つだけ注意したいのが今回のバトル会場。
通常ダンスバトルやパーティが多く行われる大阪ミナミ(難波付近)ではなく、

今回のCHRONICLES大阪場所の会場は梅田NOON。

大阪に通い慣れているというバトラーの皆さんもご注意ください。

さて、このバトルに勝ち上がると、何が起こるか…。
3/29(金)にClub Cittaにて開催される超大型HIP HOPパーティSowl Villageに出場できるんです!

この数ヶ月、東北,九州などなど
日本各地でこのCHRONICLES予選が行われており、その予選大会を制した猛者が本戦で激突するというワクワクする内容。
しかも面白いのは「HIP HOP BEATS ONLY」というだけで、ダンスのジャンル/スタイルは問わないのです。
先日行われたKANTOの予選の優勝はB-BOYのtempachiさん。
もうこの時点でこのバトルがHIP HOPの立ちのダンスだけのものではないことが証明されていますね!!
(関東予選はPOPPERも多く参加されたとのこと)


 

Sowl Villageはダンスバトルだけでなく、
SP LIVE、GUEST DANCE SHOW,DJ TIME,LIVE PAINTなどなど、
日本のストリートシーンが誇る全国の旬なプレイヤーが目白押し!!
「coast to coast」な、濃厚パーティです!

IMG_9896

チケットなどの情報はこちらのオフィシャルサイトから。

http://sowlvillage.com/

(ハイパー余談ですが、筆者のSeijiも、ENTER the 5 teamというオーディション枠でSowl Village出場権を頂きました。SEEDというチームで踊らせていただきますので、当日来られる方はお見知り置きを!!楽しみ!!)


 

そしてそして、
CHORONICLES翌日はFRESH DANCE STUDIOにてスペシャルなWSを二本立て!!
TAKESABURO(XXX-LARGE/SODEEP),YASS(零~ZERO~)の2名です!!

このお二方が大阪に来ることも貴重なのに、前日のバトルでジャッジ、からのFRESHでWS…

この流れは見逃し厳禁デス。

こちらは現在予約受付中で、

定員(30名)に達した時点で予約締め切りとさせていただきますので
ご希望のかたは、早めのご連絡をお勧めいたします!
(一番下に詳細と予約用の連絡先がありますので、ご覧ください)

20190310-YASS-POP-A4-修正版01

20190310-TAKESABURO-POP-A4-01


 

【日本最高峰のHIP HOPダンサーYASS&TAKESABUROのWSを開催!!】

圧倒的なスキル、経験に基づくHIP HOP Knowledgeそして確固たるB-boy Atitudeを備えたダンサー、TAKESABURO,YASSの二人が来阪。バトル,ショー,ジャッジ,イベントオーガナイズ,映像撮影など、日本にとどまらず今や海外にもその活動領域を広げながら自身のスタイルをレペゼンしている。豪華二本立てのワークショップをFRESH DANCE STUDIOにて開催!!!
■ワークショップ詳細■
○日にち : 2019年3月10日(日)
○時間 : ①YASS 19:00 – 20:30 ②TAKESABURO 21:00 – 22:30
○WS内容 : HIP HOP
○料金 : ①、②ともに¥2,500-
◯定員 : 各30名ずつ

■ご予約・お問い合わせ■
TEL : 06-6211-5838(12:00 – 23:00)
MAIL : yoyaku@freshdancestudio.com

※ご予約の際は上記電話番号またはメールアドレスに
ワークショップ受講希望の旨と、
ご希望のワークショップの番号(①,②、もしくは両方)
お名前、人数、電話番号をお伝えください。
※メールの場合は『予約完了』の返信が届き次第予約完了です。
※定員に達し次第予約受付を終了致します。先着順です。
※今回のワークショップは人数限定で開催いたしますので予約後のキャンセルはできません。
キャンセルの場合は理由に関わらずキャンセル料が発生いたしますのでご容赦ください。


[YASSプロフィール]
S__9666576
東京を拠点に活動する個性が際立つ破天荒チーム零~zero~のメンバー。
国内に留まらず、世界各国でのダンスワークショップ。バトルジャッジ。コンテストジャッジ。そしてHIP-HOP beats only Dance Battle. “chronicles”を主催する1メンバーとして日本HIP-HOPダンスシーンへの一石を投じる。


[TAKESABUROプロフィール]
S__9666573
1980年・東京生まれ。XXX-LARGE,SODEEPに所属。95年にダンス人生スタート。
HIPHOPとHOUSE、2つのダンススタイルを武器に世界各国で活動中。
2015年、両国国技館で行われた日本最大級ソロダンスバトルイベント「DANCE@LIVE FINAL」にて見事優勝し、日本一のタイトルを獲得。
さらには各国の代表が対戦するWDCにて2度の優勝、ダンスディライトJAPAN FINALにも4度出場と日本が誇るバトルイベント、コンテストにて数々の実績を残しその名を轟かすこととなる。
2008年、NYにて撮影されたXXX-LARGE&HEXBEXによるYELLOW BLACK VIDEOリリースツアー敢行。
自身のチームであるSODEEPも結成20周年を迎え、2016年に全国15ヶ所のJAPAN TOURを敢行し、各地のヘッズ達を沸かせた。
他にも海外イベントのGuest出演、映像作品の制作やCLUB CITTAにて毎年1000人の集客を誇る〜HIPHOP村おこし〜『SOWL VILLAGE』をオーガナイズ。
現在では自身のスタジオ『YELLOWBLACK DANCE STUDIO』を2012年に湘南エリア藤沢に立ち上げ、日本のストリートダンスカルチャーを広めるため日々活動を続けている。


濃厚すぎるHIP HOP Weekend.経験値がぐんと上がりそうな予感!!
don’t miss it!!

Seiji Horiguchi

 

ギリ割POP

まもなく

ギリ割POP

 

いつもレンタルスタジオをご利用いただいている皆様、ありがとうございます。

そんな皆様には少し残念なお知らせが、、、

CITY ATTCK終わりから復活していた深夜のギリ割が

2月で終了します〜!!(_ _).。o○

ギリ割とは!!!当日の22時以降のレンタルが、1080円OFFで借りられる!!

というとってもお得なキャンペーンです!(Aコースは半額、SOLOコースは対象外)

少しずつ暖かい日も出てきましたが、まだまだ寒い日も続いています!

スタジオは気温◎音◎床◎

快適に練習できます( ^_^)/

2月いっぱいまでキャンペーンを継続してるので、この機会に是非

ご利用ください〜!

(当日23時までのお電話でのご予約に限ります)

 

そして、、、

CITY ATTACKのDVDが完成しました〜〜〜(((o(*゚▽゚*)o)))

 

IMG_2953予約いただいていた方は、スタジオに取りに来ていただければ

いつでもお渡しできます〜♪

予約されていない方で、やっぱり欲しいなぁ〜という方も

もちろん購入いただけます!

一般販売は¥3800-

出演されていた方は¥3500-

となっております。

お気軽に受付までお申し付けください(^.^)

 

明日はバレンタインですね!

(つい最近まで忘れていましたが、、、笑)

みなさんにHAPPYなことがありますように〜〜

S__61153283

 

hikari

 

CITY ATTACK DVD まもなく♫

 

S__36192273

 

年末に行われた、”CITY ATTACK” のDVDがまもなく完成します!!!

発表会申し込み時にDVDも一緒に申し込まれた方には完成次第メールにてご連絡させていただきますので、

もうしばらくお待ち下さい〜〜〜〜♫

 

発表会、申し込んでない!という方もご安心ください◎

スタジオでも直接申し込みいただけますので、スタッフまで^^