ストリート直下型ダンススタジオがオンラインでイベントを配信する。2020年夏。

ご無沙汰しております。スタッフのセイジです。

例年よりかなり涼しい7月となっていますね。当初の予定通り、この7〜8月に東京オリンピックを開催していたとしたら、これ以上にスポーツに適した気候はないんじゃないかと思うほど。夜はかなり過ごしやすいですよね!

アメ村周辺は、ようやくチラチラと蝉の鳴き声が聞こえてくるものの、風は涼しめ。ジトッとした雨も降り続いたりと、いつもより夏の到来が遅れている気がします。

コロナの影響により、卒業式や入学式や入社式もなく新生活が始まった方は季節の感覚が例年より薄いのではないでしょうか?僕も曜日や時間の感覚を失いかけています。

さて、こんなダラダラと天気の話を書くためにPCを開いた訳ではありません。今日はVillage Camp振り返りブログです!

7/12(日)に開催されたVillage Camp。コロナの影響で開催自体を断念せざるを得ないか…と思っていたんですが、相談の結果「Village Campの後半部分だけでも開催しよう」ということになったんです。

つまり、前半のクラスナンバーの部分は開催できないものの、インストラクターによるゲストショー、そしてDJプレイなどのいわゆる「パーティ」の部分ですね!

更に新たな挑戦として「ライブ配信を行おう!」となりました。レッスン同様、現場に直接来れない人がいる以上、オンラインでの配信を行う必要があったのです。超豪華なダンスチームやソロダンサー、そしてDJ、MC、ライブペイントにマジシャンまで、超彩り豊かな出演者が集合しました。

(Village Campの後半部分とはいえ、イベントのインパクトが半減する訳ではない事がお分かりいただけるかと思います!)

特筆すべきヒーローはこの方、ダイコク映像のキダさん

この方がいてくれたからこそ、安心して配信を行うまでに至りました。準備期間はほとんど毎日FRESHへ来ていただき、あーでもないこーでもない、と研究の日々。それでも新しい機材やカメラを使いながら夢中でチェックする姿にはグッと来ました。

オンラインチケットの購入方法や視聴方法も馴染みのない事ばかりだったかと思いますが、国内外の多くの方に観ていただき、またSNSで拡散もしていただきました。ありがとうございました!

2010年に大阪アメリカ村でオープンしたFRESH DANCE STUDIO。宣伝文句は「ストリート直下型スタジオ」(←僕が考えた訳ではないですがこの表現は気に入っています)。いわばどこよりも「現場」を大切にしてきたスタジオがまさかオープンの10年後に、オンラインでイベントを配信することになろうとは!誰も予想だにしなかった事態だと思います。

コロナウイルスは大切な物を奪いましたが、それによって気づけた事も多々あります。

オンラインレッスンとクラウドファンディングで多くの方との繋がりに気づき、それをVillage Campで恩返しする。そんな気持ちで今回のイベントに臨みました。協力いただいた全てのプレイヤー、スタッフ、そしてお客様に感謝申し上げます。FRESH DANCE STUDIOとして、またワクワクする事を発信して行けたらと思います。あくまで「ストリート直下型」の精神を忘れず。stay FRESH, keep FRESH!

それでは最後に素敵な写真をご覧いただきましょう!

ありがとうございました!

Seiji Horiguchi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。